デビルズラインの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

デビルズライン1巻の無料立ち読みはコチラ!?

デビルズラインとは?

デビルズラインとは、花田陸先生の作品です。

都会の喧騒の裏で連続発生する吸血殺人がありました。

そんなある日、恋愛に疎い大学院生・平つかさは、自分にじっと向けられた男の視線に気づきます――。

愛と欲望、暴力と献身が交錯するダークファンタジーが今始まります!

そんなデビルズラインは、恋愛系の話が好きな人に特におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デビルズライン」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デビルズライン」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デビルズライン」と検索!

スポンサーリンク

デビルズラインのあらすじ(1巻前半)

この物語の主人公の一人、平つかさは電車に乗っています。

一緒に乗っている大学の友達たち。

大学に入って数日、多くの講義が被ったことにより、自然と仲良くなったつかさたち。

駅に着き、つかさは一人の男友達と帰っています。

どうやらこの男友達はつかさに想いを告げたようでしたが、つかさはその想いに応えることができなかったようでした。

そんな中、つかさの前に一人の男が立ちふさがります。

すると、焦る男友達。

なぜかつかさの手を引いて逃げ出そうとします。

しかし追いかけられるつかさたち。

するとその男は男友達の手を掴み、こう言いました・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デビルズライン」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デビルズライン」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デビルズライン」と検索!

デビルズラインの濃いネタバレ(1巻前半)

「よう、吸血鬼。」

男が手を掴みながら言います。

「男の血じゃ物足りないか?」

そうつぶやく指には血が滲んでいます。

つかさは訳がわからない様子。

つかさの仲の良かった友達が、実は吸血鬼だったのだと、その男は言います。

「彼女の血を吸う気はないよ。邪魔するな」と、つかさの男友達は言います。

つかさはこの発言にとても驚きます。

「ほら、驚かせちゃったじゃないか。この子に吸血欲を向けたことはないよ。心配することはない」と言いますが、男はすかさず「だが、かわりに無差別に3人の女を殺した。」と言います。

「やめろ!関係ない!」と言いますが、「現場にお前の精液が残っていたそうだが?」と否定する男。

「やめろ!彼女の前ではそういうことを言うな!」と、つかさの前では良い男でいたい様子のつかさの男友達。

しかし、男は当然許しません。

つかさに離れてろといい、「好きな女の前では正義ぶるか。鬼でも人でもろくでもないやつだ。」というや否や、その男、安斎はつかさの友達を逮捕しました。

ショックで体の力が抜けるつかさ。

「301だな?」と、安斎はつかさを部屋まで運んできてあげたようでした。

「すみません、安斎さん」とつかさ。

「俺のことは忘れろよ。名前も忘れろ」と安斎。

つかさは涙が止まりません。

「泣くなよ…」という安斎は戸惑っています。

「泣くわよ!だってずっと仲良かったんだから!!何も…知らなかったけど…」とつかさは泣きながら言います。

「吸血鬼ってのはな、生物学的には人に極めて近いんだ。だからあいつが徹底的に隠してたんだったら、気づかないのも無理はない。」と安斎。

吸血鬼は体が変異しない限りは、まるで人間の外見なので、気づくことは難しいと安斎は言います。

「お前、口から血が出てるぞ」という安斎に、「あなたがわたしをつきとばしたからでしょ!」というつかさ。

安斎はつかさの手を引き寄せ、その血を舐めてしまいます。

「ちょ!足!注射刺さってるわよ!」とつかさは頬を赤らめながら言います。

「自分で刺したんだ…。鎮痛剤を自分で使うことになるとはな…。」と安斎。

実は安斎も吸血鬼だったのです。

正確には吸血鬼と人間のハーフとのことでした。

そして、つかさの血を見て吸血欲を抑えられなくなり、途中で鎮痛剤で自我を取り戻したのでした。

「俺の目、今普通…?」と聞く安斎に、うなづくつかさ。

吸血欲は低い方だと自分で考えていた安斎でしたが、そうでもないのだと自覚します。

つかさから離れる安斎。

そうして安斎は帰って行きました。

「もう少し強い鎮痛剤をくれないか?」と何かと話している様子の安斎。

電話の主は、「あんま強いと依存するぜ。それより吸血処女卒業おめでとう!」と言います。

どうやら安斎は何かの組織に属しているようでした。

「とりあえず様子見ろ。症状はそれからだ。」と電話の主は言います。

「血を吸いながらやりたいと思った。これだからヘドが出る」と安斎は自らの境遇を嘆いています。

「怪物に堕ちるかどうかは人も鬼も一緒で、その人次第だよ」という電話の主の言葉を聞き、安斎は何かを考えているようでした。

一方、つかさは床につきながら今日の出来事を振り返っています。

つかさにとっては、あまりに色々なことがあった日でした。

吸血鬼の存在や、自分と親しかった友達が吸血鬼だったこと、そして、殺人事件の犯人でもあったこと。

安斎のことがとても気になり始めるつかさでした。

その夜、つかさは夢を見るのですが・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デビルズライン」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デビルズライン」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デビルズライン」と検索!

スポンサーリンク

デビルズラインの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話は、これから巻き起こる事件の序章が描かれており、その独特な設定に心を奪われ、面白かったですね。

デビルズラインはアクションもののようでもあり、ホラーのようでもあり、恋愛ものでもありますから、いろんな楽しみ方ができる作品だと思います。

ここからつかさと安斎の仲は進展していくのですが、さらに二人を巻き込んで事件は大きくなっていきます。

この後の展開もまだまだ目が離せませんので、要注目の作品ですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デビルズライン」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デビルズライン」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デビルズライン」と検索!

スポンサーリンク

デビルズラインの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ