クダンノゴトシの濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!無料

クダンノゴトシ4巻の無料立ち読みはコチラ!?

クダンノゴトシとは?

クダンノゴトシとは、渡辺潤先生の作品です。

7日後に必ず“死”を迎えるとしたら──あなたならどうする?

そんな冒頭で始まる物語。

卒業旅行帰りの大学生7人が事故で轢いてしまった、奇妙な“何か”。

その出遭いこそが、悪夢の始まりでした。

禁忌を犯してしまった若者たちは、数奇な運命に翻弄されゆく――。

『三億円事件奇譚 モンタージュ』の渡辺潤が描く“異形”ホラー、ここに開 幕!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「クダンノゴトシ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「クダンノゴトシ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「クダンノゴトシ」と検索!

スポンサーリンク

クダンノゴトシのあらすじ(4巻前半)

3月7日、光と千鶴は山梨県甲府市にある千鶴の実家へと来ていました。

突然のしかも早朝の来訪に千鶴の母は驚き、電話かメールくらいしてよ、と言いますが、2人を歓迎します。

千鶴が母親に訊きたいことが…と実家に来た目的を切り出そうとしますが、母親はすぐ出来るからとほうとうを作り始めます。

朝ごはんに母親の作ったほうとうを食べながら、光と千鶴は父親の墓に何か入れなかったかを聞きました。

すると母親は、父親の手帳を入れたと言います。

その手帳には・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「クダンノゴトシ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「クダンノゴトシ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「クダンノゴトシ」と検索!

クダンノゴトシの濃いネタバレ(4巻前半)

「お墓に?入れたわよ、お父さんの手帳。」と言う母親に、やはり!と光と千鶴は身をのりだしました。

母親は続けて「なんか訳のわからない日記みたいなのが書いてあったわよ、ほら、お父さんあんなことになっちゃったでしょ?気持ち悪い内容だったから処分するつもりだったんだけど…なんとなく気が咎めたから御祓いしてもらってお骨と一緒に入れたの。」と言います。

「気持ち悪いって…どんな…」と光が聞くと母親は「“牛”がどうとか…」と言います。

青ざめる2人に母親は「正直あんまり覚えてないや、いつまでも引きずってちゃ良くないしねぇ。なんでそんなこと訊くの?」と聞きます。

「あのね…お母さん、私たち…」と千鶴が何かを言おうとすると、光が「オレ…千鶴さんとの将来を真剣に考えてます、だからお父さんの本当のことが知りたくて…」と母親に言います。

「光…?」と千鶴が赤くなります。

光をジッと見つめた母親は「気に入った!」と大きな声で言います。

「就職が決まってなかろうとこんだけハッキリ物が言える男なら安心だ!千鶴を頼むよ!!」と続ける母親に千鶴は「ちょっ…お母さん…」と慌て、光も「え…あ…はい…頑張ります…」と応えます。

母親は「そ~ね~、手帳取り出したくてもさすがに朝の7時前じゃね~…後で私からお寺さんには言っとくから…食べたらあなたたち一度寝なさい!目の隈がひどいよ!?」と優しく言います。

「ありがとう、お母さん。」と千鶴が言います。

光も『一刻も早く墓を開けたいが…仕方ない。』と考えます。

布団に横になりながら光が「いいお母さんだな。」と言うと、千鶴は「お父さんのことからますます強くなっちゃったけどねぇ。」と言います。

光は天井の鴨居を見ながら千鶴の父親が首を吊るシーンをぼんやりと思い出し、そのまま眠りにつきました。

しばらくして、光が「うわっ…!」と飛び起きました。

「ん…光?」と目を覚ます千鶴に、光は「やっちまった…もう夜だよ…」と言います。

時計を見ながら「てか…12時間以上寝てるし…墓は明日だな…」と光はため息をつきました。

千鶴が紙を見ながら「書き置き…お母さん急患で呼ばれたみたい。」と言うと、光は「ああ…産婦人科の看護師さんだっけ…?」と言い、千鶴は「ごはんはできてるからチンしてって、お風呂も沸いてるってさ。」と言いました。

光が『なんだかな~。』と思いながら脱衣所のドアを開けると、風呂場の電気がつけっぱなしになっていました。

「電気つけっぱなしだし、元気ってか豪快ってか、見掛けと違って肝っ玉母さんだよな~んとに調子狂うわ…」と独り言を言いながら服を脱ぎます。

『でも、なんかこういうの久しぶりだな、ゆっくり飯食って、寝て、風呂に入って…日常っていいもんだったんだな、取り戻そう諦めずに…!!』と考えながら風呂場のドアを開けると、知らない女の子が唄いながら風呂に入っていました。

わあぁぁぁぁ!と、外まで聞こえる声で光は叫びました。

居間に戻ってから女の子は「チーちゃんと幼馴染の加藤美雪で~す!高2の17歳で~す!」と自己紹介をします。

千鶴が「も~ミーちゃん、来てたなら声掛けてくれれば…」と言うと、美雪は「だって2人ともぐっすり寝てたし~…にしても…光くん気配まったく感じなかったよ~?確信犯だったりして。」と言います。

千鶴が白い目で光を見ると、光は「いやいやいや、考え事してたんだって…」と慌てて言います。

すると美雪は唐突に「ねぇチーちゃん…もしかしてまたおっぱい大きくなった?」と聞きます。

「え?」と言う千鶴に「大きくなったよねー!?ちょっと触らせて!」と詰め寄ってきます。

「ミーちゃん!!」と慌てる千鶴ですが、美雪は「私もけっこう成長したんだけどな~チーちゃんにはかなわんな~食べてるものかな~?」と自分の胸を触りながら真剣に考えていました。

そんなやり取りに光の視線が美雪の胸の方へ行くと、再び千鶴に白い目で見られ、光は慌てて「あっと…つい、ついだって…」と言います。

しばらくして千鶴が「じゃ私もお風呂は入ってくるね。」と言うと2人は「おう。」「行ってらっしゃーい!」と応えました。

ふすまが閉まると美雪は「ねぇねぇ光くん…」と話しかけてきます。

そして・・・。

(この後衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「クダンノゴトシ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「クダンノゴトシ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「クダンノゴトシ」と検索!

スポンサーリンク

クダンノゴトシの濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

感想

今回の話では、光の謎が徐々に明らかになっていき、面白くなってきましたね。

このクダンノゴトシという作品は、光をはじめとするさまざまなキャラクターが魅力的で個性があり、クダンの呪いからがんばって逃れようとしているメンバーの姿は見ていていろいろ考えさせられます。

クダンの呪いが少しずつ進行してきて、また、舞の様子もだんだんとおかしくなってきたのでまたこれからの展開が楽しみになってきましたね。

そんなクダンノゴトシという作品は、ストーリーものが好きな人や、勿論ホラー好き、また、ホラー苦手な人にもオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「クダンノゴトシ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「クダンノゴトシ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「クダンノゴトシ」と検索!

スポンサーリンク

クダンノゴトシの濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

クダンノゴトシの濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ