エマージングの濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!無料

エマージング2巻の無料立ち読みはコチラ!?

エマージングとは?

エマージングとは、外薗昌也先生の医療サスペンス作品です。

ある日、新宿にいたある男が大量の血を吐き、謎の死を遂げてしまいます。

彼の検死をした小野寺と関口はその死因がウイルス性の感染症だと推測します。

その一方、普通の女子高生である岬あかりは、偶然その事件の現場に居合わせていました……。

外薗昌也先生が描く、緊迫の医療サスペンスが今始まります!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エマージング」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エマージング」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エマージング」と検索!

スポンサーリンク

エマージングのあらすじ(2巻後半)

普通の女子高生の岬あかりは、彼氏の大島のため、弁当を作っていました。

その弁当を作るために、手には生傷が絶えません。

一方で、どこかの会社で苦しそうに咳をしている男。

あまりに辛そうなその男に、今日は仕事休んで帰っていい、という同僚や上司たち。

あんなに太ってたっけ?と言われるほどに体型が見違えたその男は、辛そうな表情で家へと帰ります。

電車内でも咳は絶えず、最寄り駅についていよいよ家に帰れるというところで…。

そこに偶然居合わせたあかりは、その男が噴出した血を浴びてしまいます。

これが、恐ろしい感染症のはじまりでした・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エマージング」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エマージング」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エマージング」と検索!

エマージングの濃いネタバレ(2巻後半)

「関口先生!あなたの今回の感染症の発見と疑い例のリスト化、各病院への対応の早さと正確さ!そして患者の状態を細かくカルテに記載しネットワークに配信してくださった…、我々はどれだけあなたに助けられたか!!あなたは素晴らしい!」と、目を輝かせているのは森というウイルス検査室の室長です。

ぽーっとしている森に、小野寺は「あのー、ちょっといいですか?」と恐る恐る話しかけます。

「あなたたちがどうしてここにきたんですか?」と聞く小野寺に、答えづらそうにする森。

この音は…、とつぶやく関口は、何かに気づいた様子です。

「そうか!」という関口。

空気感染の疑いが出てしまった今回の感染症、各病院に散っていた感染者や疑いのあるものを一つの病院に集めようと、患者たちがこの病院へ運ばれてきているようでした。

「一般病棟が空で設備も整っているこの高度安全病棟に集中したわけだ。で、あんたたちも集められた人々の検査のためにやってきた、と。」という関口に、小野寺は青ざめた顔をします。

「う、うそだろ…、ここが…隔離される…?!」と、小野寺。

そうして次々とやってくる感染者疑いのものたち。

俺は感染してねぇぞー!!と大声で話すものや、ベッドで暴れるもの、皆様々でした。

しかし、こうして集まる少し前に、新宿で最初に亡くなった男の血を浴びていないものまでも感染症を発症してしまったというのですから、病院側も少しでも疑いのあるものは検査しなくてはなりません。

必死に患者たちを収容している小野寺に、一人の男が話しかけます。

「あなたは…?」という小野寺に、「厚労相感染症対策課の平山です。すみません、我々の努力が足りなかったばかりに…」という平山という男。

平山は言います。

「この事態だけは止めたかったのに…。強制隔離による封じ込め作戦の実施が正式に開始されました。」

そう、強制隔離が国によって行われることになってしまったと、平山は言うのです。

「ど、どうやって?!どうやって100人以上の患者を治療するんです?!」という小野寺。

「未知の病気なのに…ひとりひとりの治療など無理だ!!!」と、小野寺は声を震わせ、叫びます。

「ここに全員隔離すれば感染は止まるでしょう。だけどそんなの犠牲が大きすぎる!」という小野寺に、「止まりませんよ、感染は…。」と平山は言います。

「決定的な治療もなく、こんな事態になって誰が検査になんてくるんですか。脱走はしても、自ら隔離されに来る人なんかいませんよ。」と、平山は俯きます。

そうして、潜伏者の存在を考えると、小野寺はもうどうしていいのかわからなくなってしまいます。

「人は関係性の中でしか生きていけないのです。それを断ち切るなど誰もできやしないんですよ」という平山に、「じゃあどうしたらいいんですか!」という小野寺。

平山は少し考え、「あなたと岬あかりさんに協力してほしいのです!!」と予想外の答えを言います。

「あかり…?」と、まさかここであかりの名前を聞くとは思っていなかった小野寺。

あかりは、近所に住んでいる妹のような存在の子です。

普通の女子高生ですが、最初の感染者の血を浴びたことにより、感染者となってしまいます。

今は病院で隔離されているあかり。

平山は話を続けます。

「いつどこで感染するかもわからない恐怖、誰もがこの恐怖から逃げ出したい。だが、黙って耐えるしかないのです。」

「人が群れの中でしか生きていけない存在だからです。どんな山奥や孤島に逃れたとしても、人との関係性は簡単には切れない。」

「そして、それがために感染は広がっていく…」

「まるで神か悪魔にでもあざ笑われているかのようです…、だが、これで終わりはしない。今、この時、我々は人の英知で対抗するしかないのです。」

そうして、平山はついに本題に入ります。

「あかりさんを含む四人の患者さんをアメリカに移送し、治療することが決定しました。」

「もっとも医療設備の整ったアメリカで集中的に治療をし、治療法を確立する…!!」

それを聞いた小野寺は「無理です、あかりにはアメリカまで行く体力はもうない…」と言います。

すると、平山は「ではあなただけでも参加してください」と言います。

「え?!俺なんかより優秀なやつはたくさんいます。例えば、関口とか…」という小野寺に「確かに関口先生の能力は素晴らしい。だが、彼は人間を群れとして考える疫学的思考の人間です。今我々がほしいのは、患者そのものを見る病理医なのです。」と、平山は言います。

そして・・・。

(この後、衝撃のクライマックスへと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エマージング」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エマージング」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エマージング」と検索!

スポンサーリンク

エマージングの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

エマージングの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

エマージングの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

エマージングの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!?はコチラ!?

エマージングのネタバレ!あかりのラストの衝撃の姿がヤバイ!?はコチラ!?

エマージングのネタバレ!ウイルスの隠された正体がヤバい!?はコチラ!?

感想

このエマージングという作品は、現実にも起こりえそうな妙なリアルさがあり、見ていて怖くなりましたが、それでも面白かったですね。

次々と絶望的な展開が続いていくので、どんな風に終わるのか、いったいこの先どうなってしまうのか、気になることがたくさんあって目が離せません。

とはいえ全部で2巻で終わるスッキリまとまっている漫画でもありますので、気になる方はまず読んでみるのをおすすめします。

そんなエマージングは、ストーリーものが好きな人や、ちょっと怖い話が好きな人などにおすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エマージング」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エマージング」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エマージング」と検索!

スポンサーリンク

エマージングの濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

エマージングの濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

エマージングの濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

エマージングの結末のネタバレ!最終回の衝撃の展開がヤバイ!?はコチラ!?

エマージングのネタバレ!あかりのラストの衝撃の姿がヤバイ!?はコチラ!?

エマージングのネタバレ!ウイルスの隠された正体がヤバい!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ