マンホール(漫画)の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料新装版

マンホール1巻の無料立ち読みはコチラ!?

マンホールとは?

マンホールとは、ヤングガンガンにて2004年創刊号から2006年10号まで連載されていた筒井哲也先生の作品です。

単行本は全3巻であり、新装版は全2巻の作品となっております。

寄生虫を利用した犯罪事件と、それを追う警察の攻防を描いたバイオホラー作品です。

そんなマンホールは、ホラーが好きな人には勿論のこと、刑事ものが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「マンホール」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「マンホール」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「マンホール」と検索!

スポンサーリンク

マンホールのあらすじ(1巻前半)

ここは笠原市中央商店街。

今日も人で賑わっています。

大きい声を張り上げる中年のおばさんは、野菜を一つでも多く売ろうと必死です。

そんな中、突然そのおばさんは声をあげるのをやめます。

目の前に、あまりに異様な姿の男性がいたからです。

その男性は、片足が血まみれ、スキンヘッドで、全裸、さらによくわからない言葉を口にして、朦朧と歩いています。

この男性を避けて通る人達。

そんな中、向かいからイヤホンをしていて男性に気づかない人が歩いてきます。

肩がぶつかると、にらみを効かせますが、その異様な姿の男性を見て、にらみを効かせていた方の男性は固まります。

異様な姿の男性は、そのまま血を吐き、倒れました。

響き渡る悲鳴。

警察が呼ばれるのに、そう時間はかかりませんでした・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「マンホール」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「マンホール」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「マンホール」と検索!

マンホールの濃いネタバレ(1巻前半)

「なんまんだぶなんまんだぶ…」と、唱えている二人の刑事。

「けんさん、こりゃあなんだね。ストリーキング自殺かね。」というのは滝本修一という刑事。

「まともな神経じゃねえな。頭に虫でも湧いてたんじゃねえのか。」というのは溝口健という刑事です。

「ふーむ、ここから這い上がってきたと。」と、滝本はマンホールを見ながら言います。

「足跡もべったりついてるしな」という溝口、確かにマンホールには血の足跡がしっかりとついています。

「なにがしたかったんだかねえ」と、滝本も溝口も理解できないようでした。

そんな時、二人を呼ぶ若い女の刑事、井上がいます。

「これ、検死まわしちゃっていいですか~?」という井上。

「あぁ、わかった。あとはできるだけ目撃証言集めとけ。それと井上、仏さんをこれ、なんてよぶもんじゃねえ。大方、薬でいかれた野郎なんだろうが、せめて人間扱いはしてやれよ」という溝口でした。

通報を受けた警察の人によると、加害者の若い男は逃げたとのことでした。

もっともこの場合は、加害者になるかもわからない、と溝口は言います。

「逃げ去った若い男は、現場に携帯電話を落としておりました!」と警察の人が携帯を溝口に渡します。

「ふん、彼女にメールでも打ってたか?まぁ一応話は聞いておこうか。」と、電話をかける溝口。

電話をかけた先では、女性が出ました。

「ふあぁい、もしもしぇ?あ?けーさつ??エー知りません。わかんないです。」というその女性。

「ふー。」といって出てくる男、洋一。

「よーいち!警察から電話あったよ!」というその女性に「マジで?いいよ別に…。めんどくせーし」とその男洋一は言います。

「血、ついてる」と言ってその女性、洋一の彼女はペロッと洋一の頬をなめます。

「あれ?今あらったばっかなのに…?」と洋一は不思議がっている様子。

「今日はマジ最悪だよ。レポートも明日までなのにさ。」という洋一。

「レポートって社会学の?」と彼女は言います。

「あの教授うぜーんだよ。融通きかねーし。」という洋一に「じゃあさ、こういうのはどう?警察の事情聴取で遅れましたってことで。」という彼女に「それいいな。そうしよう。」という洋一でした。

場面はかわって、検察室。

「血中にごく微量のトリクロロメタンを検出。ただし中毒症状を引き起こすほどの量ではないようです。」という検死をしている人。

「よし、切開してみよう」といい、切ろうとすると、なんと死んでいたと思った男の目が開きます。

「う、うわああ」と驚いて、ガシャンと器具を倒してしまいます。

「何をしてるんだ」という菅野という男。

「い、いま目が…!」と慌てている男性を見て、「なんか…動いてるな。」と冷静な菅野は、検死を続けます。

「く!なんかつかんだぞ!」と菅野が引っ張り出したものは、謎の細長い物体でした。

「なんだこれは…?」と不思議な顔をする菅野。

場面は変わって、検死の結果を聞いている刑事たち。

「えー検死の結果、歯形からがい者の身元が割れました。氏名は堀川義人32歳無職。住所は北野台…両親と同居していたようです」と話す刑事の一人。

「なんだ、すぐ近くじゃねえかよ」と溝口。

「32歳で無職…?」と井上は怪訝な顔をしています。

「では溝口君と井上君。遺族に身元の確認をお願いします。」というのは刑事課長の小泉という男です。

どうやら電話がつながらないらしく、直接訪問する必要があるようでした。

そして・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「マンホール」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「マンホール」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「マンホール」と検索!

スポンサーリンク

マンホール(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

マンホール(漫画)の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

マンホール(漫画)の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

マンホール(漫画)のネタバレ!蚊で感染した後の症状がヤバイ!はコチラ!?

マンホール(漫画)のネタバレ!黒川の復讐の結末がヤバイ!?はコチラ!?

マンホール(漫画)の結末のネタバレ!最後の怖い展開がヤバイ!はコチラ!?

マンホール(漫画)のネタバレ!田村の犯罪の過去がヤバイ!?はコチラ!?

感想

今回の話では、これから起こる物語の序章として、不気味な雰囲気が描かれており、見ていてちょっと怖くなってきましたね。

このマンホールという作品は、バイオホラーというジャンルであり、少しグロイシーンもあったりしますから、そういうのが好きな人にはたまらない作品だと思います。

また、全3巻、新装版であれば全2巻という短く上手くまとまった作品でもありますので、何か面白いものをまとめて読みたい、という人にもおすすめの作品ですね。

これから一体どうなっていくのか、果たして衝撃の結末とは、どんなものなのか…、まだまだ目が離せないマンホール、これからの展開に期待です。

そんなマンホールは、ホラーが好きな人には勿論のこと、刑事ものが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「マンホール」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「マンホール」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「マンホール」と検索!

スポンサーリンク

マンホール(漫画)の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

マンホール(漫画)の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

マンホール(漫画)の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

マンホール(漫画)のネタバレ!蚊で感染した後の症状がヤバイ!はコチラ!?

マンホール(漫画)のネタバレ!黒川の復讐の結末がヤバイ!?はコチラ!?

マンホール(漫画)の結末のネタバレ!最後の怖い展開がヤバイ!はコチラ!?

マンホール(漫画)のネタバレ!田村の犯罪の過去がヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ