蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?

蜜の島4巻の無料立ち読みはコチラ!?

蜜の島とは?

蜜の島とは、小池ノクト先生による作品です。

東京にいる妻子を、妻の故郷の島まで送り届けてほしい、そう言われた復員兵南雲は戦友の遺児ミツを連れ、南へと向かいます。

目指す石津島は、地図にも載っていない幻の島でした…。

昭和22年という特異な時代が生んだ奇跡!

人類最古の謎に挑む、壮大なるサバイバル・ホラーが今始まります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の登場人物紹介

・南雲・・・この物語の主人公で、戦友の貴船に託されたミツを預かり、ミツの故郷へと届けようと奮闘します。

なよなよしていて情けないようでもありますが、やるときはやる男です。

・瀬里沢・・・内閣調査局の一人です。

本土から石津島に渡り、調査を開始しますが、島の異常な様子に気づき、いち早く探索をはじめるなど、抜け目がなく頭も切れる男です。

・ミツ・・・南雲の戦友であった、貴船という男の娘で、石津島が故郷の女の子です。

口数も少なく、多くを語りませんが、石津島についてからは少しだけ行動的になっています。

ある日の大嵐、南雲とはぐれて生死不明となってしまいますが・・・?

・トヨ・・・アンジという村の漁師の妻です。

アンジは南雲を気に入り、弟子にしようとしましたが、突然何者かに殺されてしまいます。

そのアンジの死をきっかけに、トヨは村人とは異質な存在になっていきますが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?

時代は、昭和22年の日本です。

貴船という戦友の頼みで、ミツという女の子を故郷の石津島という所に連れて行くことになった南雲という男。

石津島とは、地図にも載っていない幻の島でした。

その島に今から行くという瀬里沢という男とともに、島へと向かう南雲。

石津島は、少し異様な雰囲気を持つ島でした。

南雲や瀬里沢が来てから、村では殺人事件が起こるようになります。

最初に死んだのはハナという村人で、その次が今村という内閣調査局の一人でした。

そんなこともあり、傷ついていた南雲ですが、漁師のアンジと仲良くなり、自分を取り戻し始めます。

南雲を気に入り、自分の弟子にすると決めたアンジ。

アンジは、村でも選りすぐりの漁師で、この日もマグロを捕まえ、村中に大盤振る舞いをしていました。

そんなアンジと競うように張り合うロクという男がいます。

とはいえ、ロクはいつもアンジにはかなわないようでした。

そんな中、南雲は途中ではぐれてしまったミツのことを考え、弟子入りを断ります。

アンジは「そうか」とだけいい、村人が雑魚寝している寝床へと戻ります。

南雲は用を足し、水を一杯だけ飲んで同じく寝床へと行きます。

戻ってみると、アンジの姿がありません。

ふと囲炉裏に目をやると、そこにはアンジの首がありました。

「だ、だ、だれか~!?」と絶叫する南雲に「うるさいなぁ…ほっとけよ」という眠そうな村人の一人。

人が一人死んでいるというのに、全く村人たちは動じていません。

そんな中、物音で起きてきたアンジの妻トヨが、アンジの首を発見し、ショックを受けます。

そんなトヨを見て、ロクは「誰だ!アンジをこんな風にしたやつは!出てこい!!ロクが相手になるぞ!」と怒ります。

村人は誰も何も言わず、結局犯人は見つかりませんでした。

翌日、アンジの妻であるトヨは、アンジの首を抱え、寝込んでいます。

そんなトヨに布をかけてあげる南雲。

「夕方には戻りますから…」と南雲はショックを受けつつも、外へミツを探しに出ます。

ミツはある大嵐の夜、あふれる波に流され、南雲と離れ離れになってしまいました。

生きていることを願って、山に入り捜索を開始する南雲。

山に入ると、ミツに再会することができた南雲、ミツは今まで秋山という宮司に世話してもらっていたことがわかります。

「私は秋山と申します。」と深々礼をするお爺さん、秋山。

この秋山という男も随分前に本土からこの島に流れ着いた男でした。

そのため、島のものとは少し雰囲気が違い、南雲も安心します。

「南雲様!私も本土に連れ帰ってくださらぬか!!」と懇願する秋山に、「船が来たら帰れると思います」と南雲は言います。

小躍りしながら喜ぶ秋山。

しかし、その翌日、秋山は亡くなってしまいます。

何者かに殴打され、頭から血を流している状態の秋山を発見する南雲。

その隅にいるミツ。

「ずっとここにいて、犯人を見たんだね?いったいどんなやつだった?!男か?!女か?!」という南雲。

ミツは黙っています。

そんな時、「全然違うよ、南雲くん」と言いながら来るのは、あの瀬里沢でした。

瀬里沢は、死という概念がこの島にはない、と言い、さらに大事なことを話したいから、村で力を持っている人のもとへ案内してほしい、と南雲に言います。

南雲はロクの元へと案内しますが、ロクの家について、ロクを呼んでも出てきません。

なんとそこには首のないロクの遺体が転がっていました。

さらに囲炉裏にはアンジと同じように首だけで焼かれているロクがいます。

「そんな!また人が殺された…!?」と言う南雲。

瀬里沢は、少しそのロクの死に方に違和感を覚えます。

しかし、結論が出る前に島が揺れ、間もなく噴火することがわかります。

このままでは島ごと全員沈んでしまう、と瀬里沢は村人全員に、ただちに島から逃げることを伝えます。

噴火をしても、島を捨てることは選ばない、村人と、そしてミツ。

しかし、アンジの死をきっかけに、他の村人とは少し変わっていた、トヨだけは南雲たちと行くことを選びました。

南雲たちは迎えにきてくれたアメリカの船に乗り、島を脱出しました。

瀬里沢は、ロクの死についてわかったことがある、とその真相を語ります。

それを聞いた南雲は・・・?

果たして、南雲の最後とは・・・?

(この後、衝撃のクライマックスへと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

感想

最後の最後まで予想を裏切らないこの蜜の島という作品は、次々に怒涛の展開が起こるので、読んでいて飽きが来ず一気に読むことができました。

ホラーというジャンルに分類されていたので、怖いのかな、と思いきや、怖さというものはそこまでないかなと思いました。

どちらかといえばサスペンスに分類されますし、よくわからない怖さではなく、理由があるものばかりなので、怖いのが苦手な人にもお勧めできる作品だと思います。

蜜の島は最初は謎だらけですが、最後に向かうにつれてそれが一気に解消されていき、読んだ後は何とも言えないすっきり感がありますから、全4巻という少ない巻数ですので一気読みをおすすめします。

そんな蜜の島は、ホラー好きだけでなく、サスペンスやストーリーものが好きな人にも文句なしにおすすめできる作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ