蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?

蜜の島4巻の無料立ち読みはコチラ!?

蜜の島とは?

蜜の島とは、小池ノクト先生による作品です。

東京にいる妻子を、妻の故郷の島まで送り届けてほしい、そう言われた復員兵南雲は戦友の遺児ミツを連れ、南へと向かいます。

目指す石津島は、地図にも載っていない幻の島でした…。

昭和22年という特異な時代が生んだ奇跡!

人類最古の謎に挑む、壮大なるサバイバル・ホラーが今始まります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の登場人物紹介

南雲・・・この物語の主人公で、戦友の貴船に託されたミツを預かり、ミツの故郷へと届けようと奮闘します。

そんな中着いた石津島という島で、南雲はさまざまな経験をし、人生が一変します。

瀬里沢・・・内閣調査局の一人で、頭がキレる男です。

島の異常な様子に気づき、いち早く探索をはじめるなど、抜け目のない男です。

ミツ・・・貴船の娘で、南雲に連れられるがままに島へと連れてこられます。

島についてからミツは何かに気付いたように行動を開始しますが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?

時は昭和22年、主人公の南雲は、戦友の貴船が今わの際に行った一言、「妻と子を故郷の石津島に連れて行ってほしい」、という言葉で、貴船の娘のミツと行動を共にすることになります。

南雲はミツを連れて、船に乗り石津島へと向かっていました。

しかし、一緒に乗っていたおばちゃんいわく、石津島なんていう島は聞いたことがない、と言います。

南雲が不安になっていると、突然停車する船。

南雲の名前が呼ばれ行ってみると、そこには内閣調査局の一人、瀬里沢がいました。

瀬里沢いわく、石津島は実在するが交通手段がなく、小舟で行くしかないということでした。

瀬里沢とともに島を目指す南雲とミツ。

なんとか島につき、同じく内閣調査局の一人、今村と合流することに成功します。

今村は村人ひとりひとりをメモし、名簿にしていたため、ミツの家もわかるかと思ったのですが…。

ミツの苗字、咲田で探しても見つかりません。

島を間違えたんじゃないか、という今村に、そんなはずはない、と南雲は言います。

すると、村人は、「咲田、家こっち!」と、咲田の家へと導いてくれます。

どうやら今村の名簿には入っていないだけで、咲田の家はあったようでした。

そんな咲田の家に行くと、そこにはなんとミイラ化した死体が二体あります。

いったい誰がこんなことをしたのか…?

妙に冷静な村人に、不信感を覚える瀬里沢は、独自で調査をはじめます。

調査をしていくうちに、この村は大日本帝国とは全く違う、異質な文化を持つ島だということがわかります。

そこは、異様に平等な世界でした。

瀬里沢は、この村を改革する、といい、大日本帝国の管理下に置いて、通貨の概念などを取り込もうとしますが、今村が反対します。

「この村の人はそんなことを望んでいない!」という今村に「お前、情がうつったな…?」という瀬里沢。

調査局の仕事の一つは、未開拓の島を開拓することでしたが、今村は調査していくうちに村人のことが好きになっていたようでした。

そんな今村に懐いている一人の村人、ハナという女の子がいました。

そのハナが、ある日崖から落ちて亡くなってしまいます。

ハナの死に悲しみを抱く今村。

埋葬してあげようとハナを埋めに行きます。

ハナのために穴を掘ってあげている今村ですが、その背後に謎の人物がいました。

しばらくしても戻ってこない今村を瀬里沢は気になり、様子を見に行くことにしました。

すると、そこには誰もおらず、少し盛り上がった地面だけがありました。

瀬里沢はハッとし、その場を掘ると、なんとこそこには今村の片腕があります。

こうしてハナが死に、今村も死に、瀬里沢や南雲は益々この島が信用できなくなりました。

そんな中、南雲を気に入ったアンジという男が現れます。

アンジは漁師で、南雲を弟子にとろうとしますが、そんな中アンジが何者かに殺されてしまいます。

アンジの奥さん、トヨを残し…。

アンジは南雲のことを弟のようなものだと言っており、南雲にとってはアンジは兄のようなもので、その奥さんであるトヨは家族だ、と南雲は言います。

トヨはアンジの死を悲しみ、何もできなくなってしまいます。

そんなトヨに近づくロクという男。

トヨを守りたいと考える南雲。

そんなことを考えていたある日、ロクの死体が出てきます。

その姿は、アンジの死体と瓜二つの、模倣しているようなものでした。

この模倣というところに瀬里沢は何かを考えます。

「この島の人間は死なないんだよ、南雲くん」と、瀬里沢は今まで見てきたすべてを考察した結果、そういいます。

「な!現に死んでるじゃないですか!!」と南雲は目の前のロクを見ながら言います。

「今村さんだって!ハナさんだって!僕らが島に来てから、何人も死んでますよ!!」と言う南雲。

「我々は生き別れになった人間を「死んだ」人間とするかね?」と瀬里沢。

「そ、それはないと思いますけど…」と南雲。

「そうだ、我々は大切な人と生き別れたらどこかで生きていると考えるのが普通だ」と瀬里沢は言います。

つまり、この島では、生物学的な死は死とみなされないということだと瀬里沢は言います。

「ここに死があるとすれば、それはこの完全な忘却のことだ。」と言う瀬里沢。

ロクはアンジの死体のように、今まさに焼かれています。

「そんな文化圏にあって、いまだ生々しい記憶とともに目の前にある遺体を焼いて破壊を早める行為とは…殺人…。絶対にあってはならないことだ。」と瀬里沢は言います。

「では、なんでアンジさんは首を焼かれて…?」と疑問が生じる南雲。

瀬里沢もそのことが理解できないようでした。

そんな中、大きい地震が起こります。

すべてを悟った瀬里沢は、この地震は島の噴火の合図だと言います。

本土の助けも求められないこの状況で、瀬里沢と南雲、ミツは・・・。

果たして、最終回の衝撃の最後とは・・・?

(この後、衝撃のクライマックスへと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

感想

この密の島という作品は、最初から最後まで話の筋がしっかりとしていて、最終回を読んだ後はスッキリとなるような、そんな読みやすい作品でした。

最初から出てくる謎や伏線をすべて回収してくれるので、1-4巻を一気に読むのがおすすめです。

個人的には主人公の南雲よりも、瀬里沢のキャラクターがとてもよく、この物語は瀬里沢のおかげで面白くなってるんじゃないかなぁと思いました。

密の島という作品は、ホラーというよりはサバイバルサスペンスに近いので、そういった漫画が好きな人や、あとは何か面白いものを一気読みしたい方なんかには文句なしにおすすめできる作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ