蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!無料

蜜の島1巻の無料立ち読みはコチラ!?

蜜の島とは?

蜜の島とは、小池ノクト先生による作品です。

東京にいる妻子を、妻の故郷の島まで送り届けてほしい、そう言われた復員兵南雲は戦友の遺児ミツを連れ、南へと向かいます。

目指す石津島は、地図にも載っていない幻の島でした…。

昭和22年という特異な時代が生んだ奇跡!

人類最古の謎に挑む、壮大なるサバイバル・ホラーが今始まります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島のあらすじ(1巻後半)

貴船という戦友の頼みで、ミツという女の子を故郷の石津島という所に連れて行くことになった南雲という男。

石津島とは、地図にも載っていない幻の島でした。

その島に今から行くという瀬里沢という男とともに、島へと向かう南雲。

やっとのことで島へと着いた南雲は、その島の異様な雰囲気に気圧されます。

出迎えにきた今村という男は、この島に一ヶ月もいて、調査しているということでした。

そんな中、ミツの実家を探すことにする南雲。

ミツの苗字、咲田という家はこっちだ、と教えられるがままに着いて行くと、そこには・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)

「う、うわぁぁぁぁ」と悲鳴をあげる南雲。

目の前には、ミイラがいます。

このミイラはこの家の者で、どうやら食事中に亡くなったようでした。

その様子に、瀬里沢は不信感を覚えます。

ミイラが食べようとしていた食事をパクッと食べてみる瀬里沢。

「せっ…!人が死んでるんだぞ!何かあったらどうするんだ!!」と止める今村。

瀬里沢は冷静に、「毒殺されたわけでもあるまい。」と言います。

「なんでそんなこと…?」という今村に、瀬里沢は「死ぬ前に食事なんかしたら人はミイラ化しないよ。せいぜい2?3日前のメシだ。」と言います。

ダンッ、と足を踏むと、床に空洞があることに気づくと瀬里沢。

そこをあけると、もう一体ミイラがそこにいました。

「ここにも食事?!いったいだれが…」と驚く今村に、「そんなことは重要じゃない。」という瀬里沢。

「どうやら我々が思っていたような簡単な仕事ではないようだな」と何かを考えている瀬里沢。

「なんでもいいんだ。この村の生い立ち…。このおかしな村を知る糸口がほしい」と瀬里沢は言い、家を出ます。

村の住人であるハナという女の子に、村一番の物知りの元へと連れていってもらう一向。

「治三郎だ」というハナが指差す先には、生きているのか生きていないのかもよくわからない、老人がいました。

「あの…こんにちは。この村について何か知っていることがあれば教えてほしいのですが…?」という今村ですが、老人に反応はありません。

南雲が「これ…死んでるんじゃ…?」というと、「今日は皆ようしゃべる。」と急に口を開く老人の治三郎。

「フタナジマのものか?オカバヤシの息災か?」とわけのわからないことを言う治三郎。

「フタナジマとはな。まるで見てきたかのように話すじゃねぇか。じいさん、あんたいったいいくつなんだ?」という瀬里沢に、一同は唖然とします。

「400年前って、どういうことですか、瀬里沢さん?」という今村に「ふたなじまとは、四国の古名だ」と瀬里沢は言います。

その島の記録者はオカバヤシというらしく、その名を口にする老人に瀬里沢は興味を持ったのです。

「そうかそうかオカバヤシか、また話を聞かせてくれんかの??」と楽しそうな治三郎。

「いやでも瀬里沢さん、そんな途方もない話…」という今村。

「人が400年生きないと、なぜ言える?」と瀬里沢は言います。

「寿命とはなんだ?なぜ人は指し示したような年齢で死ぬんだ?」という瀬里沢に「そんなの当たり前じゃないですか、人は皆死ぬんですよ。」と南雲は言います。

「死とはなんぢゃ?」と治三郎が言います。

「いや我々は…その…。咲田さんの家にあった二つの死体についてご存知ですか?」という今村に、「死体とはなんぢゃ?」という治三郎。

「その聞き方じゃダメだ。」と瀬里沢が言います。

「咲田の家にはだれが住んでるのかね?」と瀬里沢は言います。

「トメと吉蔵」と答える治三郎。

ふーむ、といった顔をする瀬里沢はその場を去ります。

「ど、どこいくんですか」と慌てる今村に、「これ以上ここにいて何ができる?」という瀬里沢。

ハナは「次のお年寄りのところいくか?」と言います。

瀬里沢はその言葉を無視し、歩きながら今村に話します。

「ここら辺を改革する。旧習一変するぞ!」と瀬里沢は鋭い目つきで言います。

「お前のやり方はぬるい。」と瀬里沢は言い、まるで封建時代の暮らしをしているこの島を改革しようと瀬里沢は考えます。

今村はそんな瀬里沢に反対の意を示します。

「お前、情が移ったんじゃないか…?」という瀬里沢に、何も答えられない今村。

今村の周りには村人が集まり、嬉しそうにしています。

今村は複雑な顔をしていますが・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

感想

今回の話では、瀬里沢が村の改革にいよいよ着手するということで、これからどんな展開になっていくのかドキドキしますね。

そんな中、南雲はただミツを届けられればいいと思っていたのにも関わらず、これから事件へと巻き込まれていってしまいます。

この蜜の島という作品は、ジャンルはホラーに分類されますが、どちらかといえばサスペンスの方が近いような気がしますね。

そんな蜜の島という作品は、サバイバルサスペンスが好きな人には文句なしにオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ