蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)あらすじや感想も!無料

蜜の島1巻の無料立ち読みはコチラ!?

蜜の島とは?

蜜の島とは、小池ノクト先生による作品です。

東京にいる妻子を、妻の故郷の島まで送り届けてほしい、そう言われた復員兵南雲は戦友の遺児ミツを連れ、南へと向かいます。

目指す石津島は、地図にも載っていない幻の島でした…。

昭和22年という特異な時代が生んだ奇跡!

人類最古の謎に挑む、壮大なるサバイバル・ホラーが今始まります!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島のあらすじ(1巻前半)

時は昭和22年。

場面は、九州南沖、太平洋上。

幼い少女、ミツにいろいろな話を聞かせている南雲という男。

二人は、石津島という島を目指して船に乗っていました。

お腹が空いたというミツ。

そんな様子を見かねた初老のおばさんが、芋を分けてくれました。

どこまでいくんだぃ?と聞かれる二人、石津島までいきます、と答えます。

すると、そんな島は聞いたことないと言われる二人。

そんな時、突然、南雲を呼ぶ声がします。

その声の方へ行ってみると、綺麗な格好をした男が立っていました。

民間人が石津島になんのようだ、と高圧的なその男。

南雲は、ミツを託された時のことを思い出します・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

蜜の島の濃いネタバレ(1巻前半)

南雲の戦友、貴船は戦争によって亡くなりました。

そんな貴船が南雲に託したこと、それが妻と子を妻の故郷である石津島に届けてほしい、というものでした。

そのため、貴船の娘のミツを連れて、南雲は石津島に向かっているのです。

「民間人が石津島に何の用だ…?」という綺麗な格好をした男に、「知りませんよ!ただ、僕はこの子を石津島に届けるように言われたんだ!」と南雲は言います。

少し考えた様子のその男は「まぁいい。私は待たされるのが嫌いだ」とだけいい、上陸を許可したようでした。

「すみません!あなたも石津島にいくのですか?」と聞く南雲。

南雲の話は無視し、「ひとつ聞きたいが、荷物はそれだけか?」と聞くその男。

南雲はバッグをひとつ持っているだけでした。

「え?えぇ、まぁ。あとは民宿とかに行ければ…」という南雲に、その男は「民宿?!」と驚き、無言のまま背中を向けます。

「え、なんかおかしいこといいました…?」という南雲。

何もない場所に船が止まりますが、「着いたぞ」というその男。

そこには何もなく海が途方もなく広がっています。

交通整備がいっさい整っていない島らしく、小さな小舟で移動するしかないということでした。

その男は船長に荷物を預け、小舟に乗って島へと向かいます。

ミツと南雲もその小舟に乗るしかなく、「ちっ、面倒をかかえたな。」とその男は言い、とりあえず出発します。

「それより、存在するはずのない島ってどういうことなんですか…?」と、南雲はさっきその男が言っていたことが気になり、聞くことにします。

「事実を述べただけさ。書類上、大日本帝國に石津島は存在しない。だが、アメリカさんはさすがに敵国のことをしっかり調べ上げていたさ。向こうの地図には載っていた。」というその男。

経済的価値もない、忘れ去られた島さ、というその男。

話が終わるやいなや、ふと気づくと南雲が船から落ちていることに気づきます。

「なんなんだ君は」と呆れるその男ですが、気づけば島に着いていたため、南雲は足が地面についていました。

メガネをかけた男が、出迎えています。

「出迎えご苦労」という男に、「瀬里沢さんこそ、長旅お疲れ様でした。そちらの方は?」というメガネの男。

綺麗な格好をしたその男、瀬里沢は「帰省客だそうだ。」と南雲達を紹介します。

「は、はじめまして…」とヘロヘロな様子の南雲に「内務省調査局第一課の今村と言います」と、メガネの男今村は言います。

「あ、南雲です。この子はミツと言います」という二人に、「とにかく洋服乾かしましょうか」と笑顔の今村。

「村はこの海岸から背後の山を登った先にあります。大人の足で20分ぐらいですかね」という今村。

この海岸には漁民以外はほとんど来ないそうでした。

「だそうだ、南雲くん。早くしないと日が暮れてしまうが。」と瀬里沢は言います。

「あ、す、すみません…」と南雲は震えながら言います。

この石津島というのは戸籍がないらしく、今村は新たに名簿を作ったようでした。

ミツの苗字を聞き、今村は名簿と照らし合わせてミツの実家を探ります。

「咲田…、うーん、そういう苗字の人はこの島にはいないようですね…」という今村。

名簿を何度照らし合わせてみても、ミツの実家はここにはないようでした。

島を間違えたのではないか、という今村。

「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!!そんな簡単に片付けないでくださいよ!」という南雲に「何か勘違いしてないか?」と冷たい目をする瀬里沢。

その迫力に、南雲は何も言えなくなってしまいます。

すると・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

感想

今回の話では、これから石津島で巻き起こるサバイバルサスペンスを予感させる話が描かれていましたね。

今の段階では主人公の南雲は頼りない印象ですが…ここからどう変化していくのか、楽しみです。

また、ミツは少し謎めいた少女で、このミツの出生の秘密などもこれから物語が展開していくうちに明らかになっていくでしょうから、早く先が読みたくなりますね。

そんな蜜の島ですが、サバイバルものが好きな人や、ホラーやサスペンスが好きな人には文句なしにオススメの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「蜜の島」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「蜜の島」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「蜜の島」と検索!

スポンサーリンク

蜜の島の濃いネタバレ(1巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(3巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の濃いネタバレ(4巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

蜜の島の結末のネタバレ!最終回の衝撃の最後がヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!犯人は予想外のアノ人だった!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!南雲に待っていた衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

蜜の島のネタバレ!ミツの隠されていた素性の秘密がヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ