溺れる花火の結末のネタバレ!最後の衝撃の展開がヤバイ!?

【Amazon.co.jp アソシエイト】
溺れる花火(2) (ビッグコミックス)

溺れる花火とは?

溺れる花火とは、峰浪りょう先生の作品です。

魔性の“彼女”に出逢った主人公の泳太は、欲望に溺れてしまいます…。

彼女が病弱であるがゆえ、肉体関係を持たぬまま付き合っていた泳太と小秋。

だがそんな彼の前に、小秋の従姉妹・夏澄が現れ、「私は完璧な代償」と言い寄ってきました。

泳太の心に肉欲の波紋が広がっていき、さらに他の女性も重なってきて…?

快楽と罪悪感の狭間で揺れる、恋と欲望の物語が今始まります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

スポンサーリンク

溺れる花火の登場人物紹介

・泳太・・・この物語の主人公で、小秋と夏澄の間で揺れる男です。

小秋は体が弱く、深い関係にはなれませんが、夏澄は見た目は小秋で、体も普通の女性です。

果たして、どちらを選ぶのか・・・?

・小秋・・・泳太の彼女で、病弱な女の子です。

泳太との出会いは高校の頃で、それからずぅと付き合っています。

泳太のことが大好きなのですが・・・?

・夏澄・・・小秋のいとこで、小秋とそっくりな小秋より少し年上の女性です。

私は小秋の完璧な代償、といい泳太に近づきますが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

溺れる花火のネタバレ!最後の衝撃の展開がヤバい!?

夏澄と突然会えなくなってしまった泳太は、夏澄のマンションへ足を運びます。

もう小秋は退院していますが、泳太は夏澄に夢中です。

「悪いけど今日は疲れてるから帰ってくれる?」という夏澄。

「ずっと待ってたんだから部屋に入れてよ…」と泳太はいうも、夏澄は入れてはくれません。

そのまま帰る泳太。

泳太は、小秋と付き合った時のことを思い出しました。

泳太から告白して付き合った小秋。

友達にそのことを話すと、小秋ってどの子?と友達は小秋の存在すらわかっていないようでした。

病弱で、学校でも知ってる人は珍しい存在の小秋。

そんなことを思い出しながら帰る泳太。

なんとも言えない気持ちでモヤモヤが溜まります。

そんな翌日。

バイト仲間のナナを家へと誘う泳太。

いつも通りのふざけた態度をとりながら、その間に深い関係へと変わる二人。

ナナが家に入り浸るようになり、早くも4日が過ぎました。

小秋と別れよう、と決意する泳太。

気づけば、夏澄と出会ってからひと月が過ぎようとしていました。

泳太が夏澄と出会ったのは、夏のはじめでした。

病弱な小秋に日に日に満たされない思いを抱いていた泳太に夏澄の姿は、まるで泳太が本当に出会いたかった小秋の姿のようで、どうしようもなく夏澄に引き込まれてしまった泳太。

そんなことを考えながら、泳太はナナを抱きます。

「なによ、ニヤニヤして」と笑うナナ。

「いや、ナナちゃんといると楽しいなって。」という泳太、心からの本音でした。

「なんていうか、こういうのが普通だなって。」と泳太は言います。

「今の彼女とは普通じゃないの?」というナナに、「だったんだなって、やっと気づいた。」と泳太は言います。

「それって…」と何かを言いかけるナナは、何かを考えると、「あ!もうバイト行かなきゃ!!」と慌てて支度を始めます。

「…、あのさ、今日一旦家に帰る。」とナナは言います。

「うん」と複雑な顔でその話を聞く泳太。

「無断で4日も外泊してるのに連絡もないんだもん。もう同棲解消。」と笑っているナナ。

解消したら、戻ってきていい?と聞くナナに、うん、戻っておいで、という泳太。

小秋にちゃんと言おう、と考えた泳太。

もう二週間も連絡していませんでした。

そんな中、夏澄から、小秋がまた入院したという連絡が入ります。

見舞いに行く泳太。

小秋は病院のベッドに腰掛けていました。

「また夏バテよ。やんなっちゃうね。」と、いつも通りに話をする小秋。

泳太はなんとも言えない気持ちで小秋を見ます。

すると、涙が頬をつたっている小秋。

「泳太…私…、慣れてたんだよ?」という小秋。

「暗い病室に一人っきりでいること。これは私の運命なんだって、そう思ってた。だから怖くなんてなかったし、寂しくなんてなかったの…。」と話す小秋。

「泳太に…出会うまでは…」と涙声で小秋は言います。

泳太がお見舞いに来るたびに、バイバイって帰るたびに寂しくなっていたのだと小秋は初めて泳太に気持ちを伝えます。

「だから…ずっとそばにいてね…。泳太だけなんだよ…?」ととても寂しそうに話す小秋の顔を見て泳太は胸が痛みます。

「いなくなったら…私死んじゃうよ…。」という小秋に対して、それは症状が悪化するからなのか、それとも…、判断のつかない泳太は、ただ「ずっとそばにいるよ」と言うしかありませんでした。

そんな時、小秋はいつもよりも積極的に泳太に近づきます。

そうして、はじめて深い関係になった二人。

その日はとりあえず泳太は帰ることにしました。

誰もいないはずの病室で、誰かと話す小秋。

「イタ…。」と、小秋は体の痛みを感じています。

「あんな少しの液体を出すために、あんな大変なことをしなくちゃいけないのね」といつ小秋。

「もっと簡単だったらいいのに。もっと簡単だったら私一人でもいいのに。そう、思わない…?」という小秋。

そしてその側には・・・。

果たして、最後の衝撃の展開とは・・・?

(この後、衝撃のクライマックスへと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

スポンサーリンク

溺れる花火の濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想についてもはコチラ!?

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火のネタバレ!最終回のラストに登場した子供がヤバイ!はコチラ!?

感想

この溺れる花火という作品は、本当にリアリティがある作品だなぁ、というのが素直な感想です。

この主人公の泳太は、優しいようで、実はただの優柔不断な男だというのがわかりますが、そこが凄く現実味を帯びていて、読んでいて面白いところでしたね。

そして終盤にわかる小秋の少しの狂気や、夏澄との関係、とても2巻だけとは思えないほど濃厚な話で、読んだ後にはなんとも言えない満足感が得られます。

そんな溺れる花火という作品は、恋愛ものが好きな人や、恋人との人間関係がうまくいってない人など、様々な人にお勧めできる作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

スポンサーリンク

溺れる花火の濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想についてもはコチラ!?

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火のネタバレ!最終回のラストに登場した子供がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ