溺れる花火の濃いネタバレ(1巻)!あらすじや感想についても

【Amazon.co.jp アソシエイト】
溺れる花火(1) (ビッグコミックス)

溺れる花火とは?

溺れる花火とは、峰浪りょう先生の作品です。

魔性の“彼女”に出逢った俺は、欲望に溺れる…。

彼女が病弱であるがゆえ、肉体関係を持たぬまま付き合っていた泳太と小秋という2人の男女。

だがそんな彼の前に、小秋の従姉妹・夏澄が現れ、「私は完璧な代償」と言い寄ってきた。

泳太の心に肉欲の波紋が広がっていき…。

快楽と罪悪感の狭間で揺れる、恋と欲望の物語です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

スポンサーリンク

溺れる花火のあらすじ(1巻)

病弱な小秋と付き合っている、この物語の主人公の泳太。

小秋と泳太は、付き合っていながらも肉体関係はありませんでした。

それは、小秋が病弱なため、いつも入院しているからです。

しかし、医師によるとこのまま安静にしていれば小秋は夏には退院できるだろう、といいます。

小秋と泳太が出会ったのは四年前の15歳。

体が弱い小秋は学校を休みがちだったのですが、小秋の儚さや特別感に惹かれた泳太は、小秋に告白をし、付き合うことになったのです。

そんな2人はうまくいっていたのですが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

溺れる花火の濃いネタバレ(1巻)

大学に来ている泳太は、友達と話しています。

友達は、先日行ったコンパがヤリコンで最高だった、だから今度は泳太も誘うよ、と嬉しそうな顔で言います。

少し悩んだ様子の泳太は、「やっぱ俺そういうのは遠慮しとく…」と断ります。

「はぁ?お前、こんな理系の大学で彼女なんて出来るわけねーんだから、いーべ!」という友達。

大学では、泳太は小秋のことは内緒にしているようでした。

小秋は、泳太に告白された時、「深い付き合いはできないけど、それでもよければ…」と言い、付き合いました。

その言葉通り、肉体関係はありませんが、泳太は小秋のことが好きで、今の関係にも満足しています。

肉体だけよりも、俺たちの方がよっぽど深い付き合いをしている、と考える泳太。

そんな思いで病院へと見舞いに行く泳太。

小秋の部屋に入ると、目を疑います。

なんと、そこには小秋が2人いたのです。

しかし、よく見ると小秋は一人で、もう一人は小秋のいとこの夏澄という女性でした。

泳太に会いたかった、という夏澄。

小秋の母に、小秋の恋人はどういう人なのか見てきてほしい、と実は言われていたと明かす夏澄。

小秋は絶対両親には泳太を会わせてくれていませんでした。

深い付き合いができないから、紹介することができない、と話していたという夏澄。

「深いの意味を履き違えていると思うんです…。その…、僕たちは心で繋がってますから」という泳太。

「それは無理よ。だって小秋は生身だもの。」と冷静に言う夏澄。

「あら、時間がないわ。走るわよ!」という夏澄を見て、『小秋が走ってる…』と感じてしまう泳太は複雑な気持ちになります。

場面は変わって、一週間後。

泳太は小秋に会いに行く回数が増えていました。

それは、泳太自身も気づいていませんでしたが、夏澄に会いたかったからです。

しかし、夏澄に会うことはありませんでした。

ある日、小秋のお見舞いに行くと、すでに先客がいることに気づく泳太。

それは、高校の同級生でした。

会わないように隠れる泳太。

病室から出てエレベーターを待っている高校の同級生達は「まだ泳太くんと付き合ってたんだねー。泳太くんもかわいそうだね」と話しています。

かわいそうな理由は、「いろいろ」と我慢しなくちゃいけないから、ということでした。

そんな言葉を聞いていても立ってもいられなくなった泳太は、小秋を抱きしめます。

「今早苗ともえがきてたんだよ。泳太にも会いたがってたよ。」という小秋に、「いいんだ、俺あいつら好きじゃないから…」という泳太。

「じゃあわたしと一緒だね」という小秋は、少し悲しそうな顔をしていました。

そんなことを忘れるように、二人は沢山話します。

話が盛り上がってきたところで、一人の来客がきました。

それは夏澄でした。

久々に夏澄に会う泳太は、少しドキドキしています。

先に帰るね、といい帰ろうとする泳太ですが、何か胸がもやもやする泳太は、夏澄を駅で待つことにします。

夏澄に駅で出会った泳太は、夏澄に誘われるがままに、夏澄の家へと上がりこんでしまいます。

小秋と付き合ってから、我慢に我慢を重ねてきた泳太。

夏澄と話している間、泳太はついに我慢の限界に達し、泣き出してしまいます。

「もう泣くだけじゃダメなんでしょう…?」と、すべてを見透かしたかのようなことを言う夏澄。

夏澄の言葉にうなづく泳太は、次第に抗えなくなり・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

スポンサーリンク

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火の結末のネタバレ!最後の衝撃の展開がヤバイ!?はコチラ!?

溺れる花火のネタバレ!最終回のラストに登場した子供がヤバイ!はコチラ!?

感想

今回の話では、泳太と小秋の出会いの話や、そしてこれから深い関係になっていく夏澄との出会いが描かれていましね。

この物語はとても切なく、主人公に共感できる場面が多いため、面白いところがいっぱいありました。

ここからどうなっていってしまうのか、とても気になる展開が多く、どんどん読み進めていってしまいますね。

そんな溺れる花火という作品は、恋愛ものが好きな人や、好きな人が病弱な人など、様々な人におすすめできる作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「溺れる花火」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「溺れる花火」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「溺れる花火」と検索!

スポンサーリンク

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻前半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火の濃いネタバレ(2巻後半)あらすじや感想も!はコチラ!?

溺れる花火の結末のネタバレ!最後の衝撃の展開がヤバイ!?はコチラ!?

溺れる花火のネタバレ!最終回のラストに登場した子供がヤバイ!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ