被愛妄想の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)無料

被愛妄想1巻の無料立ち読みはコチラ!?

被愛妄想とは?

被愛妄想とは、中村卯月先生の作品で、月間ヤングキングに掲載されていた、全3巻のサイコホラー作品です。

新しいクラスを受け持つことになった教師、門前一真は、優しい妻やかわいい娘を持ち、幸せに生活をしていました。

しかし、そのクラスにはひときわ異彩を放つ、学園長の娘野枝奏という少女がいました。

一見おとなしそうで、ナイーブなただの女の子に見える野枝ですが・・・?

この被愛妄想という作品は、サイコホラーというジャンルの中でも少し異色な、圧倒的な愛と圧倒的な狂気による衝撃作です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「被愛妄想」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「被愛妄想」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「被愛妄想」と検索!

スポンサーリンク

被愛妄想のあらすじ(1巻後半)

門前一真は、どこにでもいるような、普通の教師でした。

学校では新しいクラスを受け持ち、少しの緊張はありながらも、順調に教師生活を送っていました。

そこで青年が出会う、野枝という少女は、青年が担任するクラスのメンバーでした。

学園長の娘である、その野枝という少女はいまいちクラスに馴染めていないようでした。

ある日、図書室で出会う野枝と一真。

その日から、一真の人生は、一変してしまいます・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「被愛妄想」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「被愛妄想」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「被愛妄想」と検索!

被愛妄想の濃いネタバレ(1巻後半)

『俺は逃げた、彼女と向き合うことをせずに、もっとしっかり理解しようとすれば…もっとちゃんと…。』そう後悔しているのは、この物語の主人公、門前一真です。

「ホームルーム終わります。」と言う一真、どうやら今日も学校での一日が終わったようでした。

「せーんせっ!」というのは夏天目という野枝のクラスメイトの少女です。

「あぁ、夏天目さん、何?」と聞く一真。

「あのぉ、病院(うち)からお花持ってきたんですけど、これどこかに飾っていいですか?」という夏天目。

「わーきれい!」というクラスメイト。

「うーん、先生は構わないけど、結構大きいからなぁ。じゃあ窓際のロッカーの上なんかどうだろう」と一真が言うと、はーい、と言う夏天目。

それを見てにやりとする野枝。

この数日は、野枝の行き過ぎた行為に遭遇することはありませんでした。

というのも、一真は極力野枝に接触しないようにしていたからです。

そんなある日の放課後…。

「部活ないんだったら早く帰れよ~」と、生徒たちに言う一真。

そんな時、とても興味のひかれる光景がそこにありました。

野枝と、夏天目が話しており、野枝が多彩な表情で話していたことから、うれしくなる一真。

気が付いた時には二人きりではないという安心感から、足を向けていました。

「珍しい二人が残ってるね」と話しかける一真に「そんなことないよね、奏!」という夏天目。

どうやら二人は幼馴染のようで、親同士も友達なようでした。

「ねえ、先生ってさぁ!ちょっとはかっこいいじゃん!恋人とかいないの??」という夏天目に、「い、いないよそんな…」と答えてしまう一真。

「そうだ!先生、わたしと付き合わない?」という夏天目。

「はぁ!?なにばかなこといってんだ…」という一真。

「生徒と教師がそんな関係になったらだめだろ!」というと、「えーつまんない~」と夏天目は言います。

「あとこの花やっぱり大きすぎるってほかの先生に言われちゃったから場所かえないといけないな」という一真。

場面はかわって、翌日。

夏天目は、一真を校舎の裏に呼び出し、「ここにお花植えていい?」とたずねます。

「ここならいいかもな」と、いう一真に、「わ~い!ありがとう!」と抱き着く夏天目。

その様子を上の階から覗いていた野枝は、植木鉢を手に取ります。

そして、その植木鉢を夏天目めがけて投げつけます。

倒れこむ夏天目。

急いで夏天目の実家でもある病院へと連れていきます。

「申し訳ありませんでした!!」と謝る一真。

「まぁまぁ、先生。話を聞くに事故らしいし、本人にはケガもなかったわけだし。」という夏天目の父親。

「冗談じゃありませんよ!もし当たっていたら死んでたかもしれないんですよ!」という夏天目の母親に、「申し訳ありません」と深く頭を下げる一真。

「おい、先生を責めるんじゃない!だいたいあんな大きな鉢植えを持っていけって渡したのはお前じゃないか」と夏天目の父親は夏天目の母親に言います。

「そ、それはそうですけど…何も窓際に置かなくても…。」と言う夏天目の母親。

「まぁとにかく何もなかったからいいじゃないか。」と夏天目の父親は言います。

そんなとき、夏天目はだれかと電話しています。

その電話の内容は、耳を疑いたくなるようなもので・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「被愛妄想」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「被愛妄想」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「被愛妄想」と検索!

スポンサーリンク

被愛妄想の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

感想

今回の話では、野枝に友達がいることが判明しますが、その友達である夏天目もとんでもない女であることがわかります。

この作品は序盤は普通に平和な雰囲気が続いているのですが、あるところから急にサイコホラー感が増してくるので、面白いですね。

普通の教師と生徒、であったはずなのに、とてつもない関係へと変貌していくこの被愛妄想、これからの展開が楽しみです。

一人の女性に愛されるのは男冥利に尽きるとは言いますが…、この漫画を見ていると、そうもいってられないな、と思いましたね。

そんな被愛妄想という作品は、サイコホラーというジャンルの中でも少し異色な、圧倒的な愛と圧倒的な狂気による衝撃作です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「被愛妄想」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「被愛妄想」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「被愛妄想」と検索!

スポンサーリンク

被愛妄想の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ