離婚予定日の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)無料

離婚予定日1巻の無料立ち読みはコチラ!?

離婚予定日とは?

離婚予定日とは、柏谷紀子先生による、ヒューマンコメディー作品です。

どこにでもいる普通の主婦、鮎川早希は32歳、平凡な夫とませた娘の三人暮らしです。

ぐーたらな主婦生活を満喫していた鮎川ですが、ある日夫に三年後の離婚を宣告されてしまいます。

Xデーへのカウントダウンが始まった鮎川、果たしてこの先どうなってしまうのでしょうか。

離婚してしまうのか、それとも・・・?

専業主婦の自立と家族の絆を描くヒューマンコメディーです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「離婚予定日」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「離婚予定日」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「離婚予定日」と検索!

スポンサーリンク

離婚予定日のあらすじ(1巻後半)

この物語の主人公、鮎川早希は32歳の専業主婦です。

自分よりもしっかりしているような、ませた娘、真澄や、平凡なサラリーマンである夫と暮らしています。

鮎川は、最初はまじめにやっていた主婦業も、今では少しさぼり気味です。

このそんな鮎川を見かねた夫はある日、三年後に離婚しよう、と鮎川に提案します。

三年でしっかりと準備をして、お互い独り身になろう、ということでした。

さらに、真澄の子育ても鮎川はちゃんとできていないと判断した夫は、真澄も引き取ろうと考えます。

そんな中、鮎川はようやく焦りだし、少しずつかわっていくのですが・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「離婚予定日」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「離婚予定日」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「離婚予定日」と検索!

離婚予定日の濃いネタバレ(1巻後半)

いっそ正直にみんなに言えたらどんなに楽か…、と考えるのは、この物語の主人公、鮎川早希です。

いっそ正直…とは何のことか。

それは、夫に離婚宣告をされたことです。

つい最近、鮎川は夫に三年後に離婚しようと言われました。

最初は離婚を防ごうと奮起した鮎川ですが、夫の固い意志に、離婚を回避することは無理だと気づきます。

そこで、自立しようと働きに出る鮎川ですが八年も専業主婦をしていた上に、だらけていたので、まともに働き口もありません。

唯一あったのは、病院の受付の仕事で、これも先生の奥さんにいびられる毎日で、あまり楽しいものではありませんでした。

「リストラされたのは秀行じゃなくてわたしなのよ。あと二年半後に離婚する約束なの。ようするに妻の座からリストラされたってわけ。」と、いえたらどれだけ楽か…、と鮎川は考えます。

実際は、口が裂けてもそんなことは言えません。

鮎川は突然働きに出たことで奥様方の中で夫がリストラされたんじゃないかと、噂話になっていました。

本当のことを言えば今度は自分が話のネタになるだけだ、と結局鮎川は離婚のことは秘密にすることにします。

「お大事に~」と、受付の仕事をしている鮎川。

「どうも」と、あいさつをしてくるのは真田という男。

その姿を見て、鮎川はドキっとします。

鮎川は、夫と離婚が決まってから偶然出会ったこの真田という男に少しだけ好意を抱いています。

「今朝はありがとうございました。あの、何か御用ですか?」と尋ねる鮎川に、「これ、車に忘れたでしょう。スカーフ。すぐに来ようと思ったのだけど忙しくて」と、真田は鮎川の忘れ物のスカーフを持ってきてくれました。

「そのためにわざわざ?そんな、悪かったです。電話でもくれれば…」という鮎川。

「そうだね。でもまだ名前すら知らなかったから…」と、にこっと笑う真田。

「鮎川!鮎川早希といいます!」と、鮎川は言います。

「早希さん、うまいレストランを見つけたんだけど、今度食事でも付き合ってくれませんか?」と鮎川を誘う真田。

「え~!」と大声を出して驚く鮎川に、「って、こんなところでデートに誘うのも変だよね。あなたの指に指輪がはまっているのも気が付いてるし」という真田。

「あ~!」という鮎川、やっぱ外しとけばよかった…、と後悔しています。

「でも車の中であなたが泣くのを見ていたらほっておけなくて…。余計なお世話なら遠慮なく断ってください」と真田は言います。

「よかったら電話をください」と名刺を置いて真田は帰っていきました。

去っていく後姿を見て、鮎川は、「気持ちが通じた!好きな男にデートに誘われた!!こんなの生まれてはじめてだわ!!秀行との八年間の結婚生活でも一度だって感じたことない、こんなときめき!まだ手も触れてないのに、こんなに心臓バクバク…」と、感激しています。

高鳴る胸を押さえ、鮎川は家へと帰ります。

「ただいま!」とルンルン気分で帰る鮎川に、「ママ、夜ご飯買ってきた?」と聞く娘の真澄と夫の秀行。

「アー全然考えてなかった…。」と、二人を見ていきなり現実に戻される鮎川。

「確かレトルトのカレーが…三箱あった!」と鮎川は言いますが、「またカレーか…」と秀行はがっかり、真澄は「やったー!カレーだ!」と喜んでいるようでした。

「たまにはまともな飯を食いたいな!」という秀行に「そんなこと言うなら自分で作れば?この間のコロッケみたいに。」という鮎川。

「仕事が忙しかったんだ。生活費は僕が入れてるんだぞ!」という秀行。

ご飯を食べ終わって、パジャマを探す秀行。

「僕のパジャマはどこだ?たまには洗濯物たためよ!」と秀行が言いますが「この中から探してきてよ」と鮎川は言います。

そんな二人ですが、ある日・・・。

(この後、衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「離婚予定日」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「離婚予定日」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「離婚予定日」と検索!

スポンサーリンク

離婚予定日の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

感想

今回の話では、鮎川が新たな男性、真田と出会い惹かれていく様子が描かれていましたね。

そして、実は夫の秀行にも新たな女性の影が出てくるのですが、こうして二人がそれぞれに惹かればらばらになっていくと、一番悲しい想いをするのが、娘の真澄です。

この後の展開では、真澄がとてもかわいそうなことになるのですが、その問題をどう解決するのか、というのもこの話の見どころとなっています。

そんな離婚予定日という作品は、主婦の方はもちろんのこと、様々な世代の女性におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「離婚予定日」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「離婚予定日」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「離婚予定日」と検索!

スポンサーリンク

離婚予定日の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ