老いた卵子(妊娠適齢期)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(前半)無料

老いた卵子(妊娠適齢期)とは?

老いた卵子(妊娠適齢期)とは、その気になればいつだって妊娠できる、と豪語する33歳結婚もせず自由気ままに生きる女にスポットを当てた作品です。

33歳で自由きままに生きる麻美は、不妊治療中の40代の姉と母親からチクチク言われ、重い腰を上げついに結婚をします。

しかし、予想に反してなかなか妊娠できない麻美。

そんな麻美が苦し紛れにとった行動とは…。

そんな老いた卵子(妊娠適齢期)は、女の病気をテーマに贈る、読者の本当にあった体験傑作集です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「老いた卵子(妊娠適齢期)」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「老いた卵子」と検索!

スポンサーリンク

老いた卵子(妊娠適齢期)のあらすじ(前半)

この物語の主人公、小山麻美は32歳のOLで、独身で実家で暮らしています。

遊んでばかりで家にもろくに給料を入れない麻美は、今日も飲んだ帰りのようでした。

麻美の母は注意しますが、麻美は自分が働いて得たお金だからどうしようが勝手、と聞く耳をもちません。

そんなとき、友人が結婚したという知らせが届きます。

それをみて麻美の母は麻美も結婚したらどうだ、と結婚を促しますが、麻美は今時30代で独身は普通だ、とこれまた聞く耳を持ちません。

しかし子供を産むなら結婚は早いほうがいい、と麻美の母や姉は言います。

麻美の姉の知美は38歳、三年前に結婚し、実家に同居しています。

そんな知美は、危機感のない麻美に言うのでした・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「老いた卵子(妊娠適齢期)」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「老いた卵子」と検索!

老いた卵子(妊娠適齢期)の濃いネタバレ(前半)

「年齢とともに卵子も老化するのよ。個人差はあるけど、30代になると数が減り質が悪くなって妊娠しにくくなるの。私も…、それで苦労してるのよ」と知美は言います。

「やっだぁ、おねえちゃん老化しちゃってるのぉ!それで不妊治療してるんだぁ。大変だねぇ。お姉ちゃんて昔から地味でおばさんくさかったもんねぇ。女子力なさすぎ!」と、麻美は姉を小ばかにした態度をとります。

「私はエステに通って女子力磨いているわ。アンチエイジングにも気を使ってるし、老化なんてありえないわよ。40代で生んでる人もいるでしょ。私なら大丈夫よ。」と、麻美は出産をなめているようでした。

「結婚のことだって考えてるわ。婚活も始めるつもりよ。子供だってすぐ生んでみせる。」と麻美は言います。

しかし、気になる相手が見つからず一年以上が過ぎ、麻美は34歳になっていました。

「34歳ですか…。すみません、子供のこと考えると20代のほうが…」と話す麻美の見合い相手。

麻美は年齢のことで断られ続け、焦っていました。

そんなとき、38歳の俊一と出会います。

実家はそこそこの資産家の息子ということで、麻美はこの男と結婚します。

少し面倒そうな姑は気になりましたが、同居でもないしいいだろう、と麻美は俊一を夫とするのでした。

場面はかわって、結婚式。

「おめでとう。いい相手見つかってよかったわね」とにこっと笑う姉に対して「ありがとう!」と言う麻美。

麻美の内心は、「お姉ちゃんより幸せになる!子供も先に産んで見せつけてやる!」というものでした。

専業主婦で不自由のない生活ではありますが、姑がしょっちゅう家にきて子供をせかすのがうっとうしく感じている麻美。

「子供はまだなの?一度病院でみてもらったら?」という姑。

「でも…結婚してまだ半年ですし…」という麻美。

「あなたもう35でしょ。35過ぎると子供ができにくくなるってテレビでやってたわよ!」という姑。

「とにかく病院に行きなさい。不妊治療してる病院調べておいたから」と、半ば強引に姑に病院へ行かされる麻美。

「病院か…」と話す夫。

「まだ半年なのに。不妊なんておおげさよねぇ」と笑う麻美に「うーん、まぁでも一応みてもらおうよ」と夫は言います。

「異常がないとわかれば母さんも安心するさ。僕も一緒にいくから、ね?」と夫は言います。

麻美は「ったく、子供子供ってうるさいのよ。私が不妊なわけないじゃない。生理不順もないし、異常なんてあるわけないわ」と内心思います。

そんな麻美ですが、病院にいって顔色が変わります。

「不妊の原因は卵子の老化ですね。麻美さんの卵子は40代の状態です。」と医師につげられる麻美。

「そ、そんな!私まだ35よ!老化だなんて…。それに人より若く見られるのに…!」と言う麻美ですが、「見かけが若くても卵子は年齢とともに老化します。数が減り、質も劣化し、妊娠しづらくなるんです。」と医師は言います。

「妊娠出産の適齢期は20代から30代前半です。30代後半から妊娠しにくくなり流産などの問題が起きやすいんです。ご主人の精子も少し動きが悪いので、自然妊娠は難しいでしょう。出産を希望されるなら、不妊治療が必要です。」と言う医師。

自分の卵子が老化してるなんて、という事実を受け止めきれない麻美。

その後も他の病院で何度か見てもらった麻美ですが、結果はどこも同じでした。

そして・・・。

(この後、衝撃のクライマックスへと向かいます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「老いた卵子(妊娠適齢期)」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「老いた卵子」と検索!

スポンサーリンク

老いた卵子(妊娠適齢期)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(後半)はコチラ!?

老いた卵子の結末のネタバレ!不妊の末にとった行動がヤバイ!?はコチラ!?

老いた卵子のネタバレ!スペアの子の衝撃の結末がヤバイ!?はコチラ!?

感想

今回の話は、実話を元にしたというだけあって、なかなかに衝撃的なお話でしたね。

妊娠適齢期というのは、子供がほしい人なら誰もが一度は考えているものかもしれません。

一度過ぎてしまえば二度と戻ることはなく、今回の主人公麻美のように自分は大丈夫だとタカをくくると、このようになってしまうんだな、と反面教師のようでなんだか勉強になって面白かったです。

やはり実話を元にした今回のような話は、リアリティがあって、人の生きざまを疑似体験しているようで、楽しいですね。

そんな老いた卵子(妊娠適齢期)は、女の病気をテーマに贈る、読者の本当にあった体験傑作集です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「老いた卵子(妊娠適齢期)」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「老いた卵子」と検索!

スポンサーリンク

老いた卵子(妊娠適齢期)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(後半)はコチラ!?

老いた卵子の結末のネタバレ!不妊の末にとった行動がヤバイ!?はコチラ!?

老いた卵子のネタバレ!スペアの子の衝撃の結末がヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ