100万円の女たちの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)無料

100万円の女たちとは?

100万円の女たちとは、「俺はまだ本気出してないだけ」の作者が100パーセント本気で挑む新境地の漫画作品です。

ちりばめられた秘密を追ううちに、いつしか女たちの虜へとなっていく、話題のミステリーラブコメディー、それが、この100万円の女たちです。

謎が謎を呼び、そして、恋までも呼んでしまう…、そんな異色の作品、100万円の女たちという作品は、ラブコメが好きな人はもちろんのこと、ミステリー作品が好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「100万円の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「100万円の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「100万円の女たち」と検索!

スポンサーリンク

100万円の女たちのあらすじ(1巻前半)

売れない小説家、道間慎は、5人の女たちと一緒に暮らしています。

彼女たちは毎月彼に100万円を支払い、彼が女たちの世話をしている、という奇妙な生活をしているようです。

普通では考えられないような生活を送る、1人の男と、5人の女たち…。

いったいなぜ、こんなことが行われているのでしょうか?

そして、いつからはじまったのでしょうか…?

金と愛と死のにおいが立ち込める一見家で、いびつな六角関係が繰り広げられます・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「100万円の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「100万円の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「100万円の女たち」と検索!

100万円の女たちの濃いネタバレ(1巻前半)

僕の書く小説の中では誰も死なない…、この物語の主人公である道間は一人で文を書きながら思います。

理由は簡単だ…、なぜなら、僕の父親が人殺しだからだ、と、ペンを止めて見上げる道間。

道間は小説を書くときはいつもエンピツで原稿用紙に書いています。

ワープロやパソコンは一切使いません。

正確に言うと、使えない、といったほうが正しいでしょう。

携帯電話も今は持っておらず、連絡はすべて電話かFAXという、今時珍しい状態です。

プルルル、となる電話を無視している道間。

しばらくして電話は止まり、FAXの受信を開始します。

そんな時、一人の女性が「おはようございます」と入ってきます。

「おはよう…。いますぐ朝食の準備をするよ」と道間は話します。

「はい…」と言いながらFAXを見るその女性。

「今日もきちんと届きましたよ」と、その女性がFAXから紙を出すと、そこには大きい文字で死ねと書いてありました。

この女性の名前は、鈴村みどり17歳、まだ学生のようです。

「毎日欠かさず送ってくるこの方々にも関心しますけど、慎さんってよっぽど嫌われているんですね。」とみどりは道間に話します。

「そうだね…」と話す道間、少しだけ悲しそうな顔をしています。

道間は5人の女性と同居しており、みどりもその女性たちの中の一人です。

みどりは女性たちの中で起きるのが一番早く、彼女が起きてくることで、この家の一日がはじまります。

そして、起きてくる二人目の女性。

「おはようございます」と話すのは、小林ゆき24歳です。

二人目、とはいっても朝起きてくるのはこの二人だけのようでした。

「いってきます」と、みどりは言い学校へと出発していきました。

「ごちそうさまでした」とゆきは言うと、夕方まで2階にある自室にこもります。

ゆきが何をしているのかは、道間は知る由もありません。

女性たちには質問をしないというのが、この家のルールだそうです。

「慎くんおはよ~!」と起きてくる三人目の女性。

おはよう、とはいってももう時刻は昼です。

昼になると起きてくるのが、塚本ひとみ26歳で、ひとみが起きてくると道間は小説を書く手を止めて、食事の準備をします。

「あ、ひとみちゃんごめん…、紅茶切らしてる…」と道間が言うと「え~」と言うひとみ。

「ごめん…、ちゃんとします…」と、しょぼくれる道間。

大体ひとみが紅茶を飲んでいる頃に起きてくるのが、四人目の開ななか20歳です。

ななかは眠そうな目をこすりながら、「おはよ~…」と起きてきます。

タバコを吸いながらあくびをしているななか。

「はい、ななかちゃん、牛乳」と道間は牛乳をななかに渡します。

「ありがとう~。あとでキスしてあげる」と、ななかは言います。

「大丈夫…」と言う道間、こういったやり取りは慣れているようでした。

「ごちそうさま。もう一回ねよっと」と、ななかはご飯を食べたらまた自室へと戻っていきます。

食事が終わると毎日なぜかリビングでヨガをはじめるひとみ。

どうやらこれが日課のようでした。

夕方になると五人目の女性、白川みなみ30歳が起きてきます。

みなみは全裸でたばこを吸いながら部屋へと入ってきました。

「みなみちゃん、僕も一応男なんだから服着ようよ…」と道間は言います。

「なに命令してんのよ。小説の分際で。」と言うみなみ。

「僕の名前は小説じゃないよ…」と言う道間に「なに?じゃあクソ小説?」と言うみなみの言葉はなかなかに辛辣です。

「だいたいね、小説は理屈っぽいんだよ。理屈っぽいやつはもてないよ。」とみなみは言います。

そこに同意するひとみ。

「ただいま…」とみどりが帰ってくると、道間は夕飯の用意をはじめます。

大体いつも19時頃には夕飯になる道間の家、食事の用意もすべて道間がしているようでした。

そしてみなみとみどりが話しをしていますが・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「100万円の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「100万円の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「100万円の女たち」と検索!

スポンサーリンク

100万円の女たちの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

感想

今回の話では、道間の置かれている特殊な状況がよく描かれており、読んでいてどんどん先が気になって面白かったですね。

いったいなぜ、この女性たちは道間と同居しているのか、いったいこれからどうなってしまうのか、設定が特徴的で楽しめます。

5人の女性はみな個性的で、それがこの100万円の女たちのストーリーを彩っていて、魅力的に感じますね。

そんな100万円の女たちは、ラブコメが好きな人はもちろんのこと、ミステリー作品が好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「100万円の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「100万円の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「100万円の女たち」と検索!

スポンサーリンク

100万円の女たちの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ