情熱のアレの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)無料

情熱のアレ1巻の無料立ち読みはコチラ!?

情熱のアレとは?

情熱のアレとは、主人公の藤崎マキが彼氏類くんとのセックスレスに悩みながら、仕事を通じて情熱のアレと向き合っていく、女性のストーリーものの作品です。

下ネタ話は苦手で避けてきたマキですが、だからと言って「アレ」が嫌いなわけではなく、できれば毎日したいと思っています。

しかし、肝心の彼氏は何かと理由をつけてマキとしたがらず、でもマキはハッキリ言えず、セックスレスに悩み続けます。

一体マキはどうなっていくのか、そして、マキの母親の仕事を手伝うことになったマキの人生は一変していきます。

そんな情熱のアレという作品は、女性のストーリーものが好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「情熱のアレ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「情熱のアレ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「情熱のアレ」と検索!

スポンサーリンク

情熱のアレのあらすじ(1巻後半)

この物語の主人公、藤崎マキは類という男と交際4年、同棲3年、そしてセックスレス2年のOLです。

同僚との下ネタの話は苦手で、いつも逃げ越しなマキ。

だからといって、「アレ」が嫌いなわけではないのです。

マキは、彼のことは好きですが、求められないことに女性としての自信を無くし、ストレスを感じています。

ひょんなことからマキは自分の母親の会社の仕事を手伝うことになります。

なんとその会社は、大人のおもちゃの通販会社でした。

マキは自分の苦手な下ネタ関連の会社の仕事に、戸惑いを隠せませんが、それでも手伝うことになり・・・?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「情熱のアレ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「情熱のアレ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「情熱のアレ」と検索!

情熱のアレの濃いネタバレ(1巻後半)

「マキちゃん、笑って笑って~」と、カメラを持ちながら話すのは、マキの母親です。

マキの母親は大人のおもちゃの通販会社をやっており、下ネタが苦手なマキには8年間も会社のことを内緒にしていました。

しかし、マキの母親が過労で倒れてしまい、マキも会社を手伝わざるを得なくなったのです。

そして今、販促用のコスプレ衣装を着させられ、マキは写真撮影に参加させられています。

ひきつった笑顔でポーズをとるマキ。

「ぎこちなーい、もっと女子高生みたいに、ピースして!」とマキは実の母親に言われます。

ピースをするマキですが、そのピースは一昔前の女子高生がするそれで、あまりに古く、「それじゃダメ~!ピースが古い」とマキはマキの母親に言われてしまいます。

「しょうがないでしょ!もう28なんだから!!いいからはやくとってよ!!」と頬を赤らめて言う、マキ。

「28のわりには似合うわよ、セーラー服」と、マキの母親は悪びれず言います。

「あら~これいい写真じゃない?コスプレ売り場のポップにするわ!」と、満足のいく写真が撮れたようで嬉しそうなマキの母親。

「ぜーーーーったい目線入れてよ!!」と、強く念を押すマキ。

その部屋の外で、マキの彼氏の類が聞き耳を立てていました。

マキはここで母親の会社を手伝っているということは、類には内緒にしています。

「じゃ、マキちゃん、社長、俺あがるっす!」と、会社で働く唯一の男性、赤塚が言います。

「赤塚さん!時間あったら一杯付き合ってくれません!?」と、マキは赤塚に言います。

実はマキは他人同然の赤塚に、自分と彼氏のセックスレスのことで相談したいと思っていたのです。

場面はかわって、どこかの居酒屋。

赤塚とマキが飲んでいます。

ゴクゴクと生ビールを飲み干して、グラスを置き、「すみません、生二つ!」と力強く言うマキ。

「とばすねぇ…」と、若干引き気味の赤塚。

「あの…赤塚さんに相談したいことがあって…」と、マキはいよいよ話しを切り出します。

マキは今自分が彼氏とセックスレスであることを話します。

その話を聞き、「え、本当にそうだったんだ…」と驚く赤塚。

「そっか、同棲でそれは辛いよな。マキちゃんはしたいんでしょ?」と、真面目な顔で相談に乗る赤塚。

「うん…、どうしたらその気になってくれるのかな?」と、マキがいうも「いや~…、わからん!」と言い放つ赤塚。

「だって彼氏のこと俺何も知らねえし。本人に聞いてみたら?」と赤塚は言います。

「そ、それができたら苦労しないよ!」と言うマキに「だからセックスレスなんじゃね?」と、ずばり言う赤塚。

「彼氏の言い分も聞いてやろうよ。案外なんてことないことが理由かもしれないじゃん。これからも彼氏と仲良くしていきたいわけでしょ、マキちゃんは。」と赤塚が言うと、マキは「うん…。」と答えます。

「大丈夫だって!思い切って話してみなよ。そんなことでダメになるような関係じゃないでしょ?」と赤塚は言います。

勇気をもらったマキは、思い切って彼氏に言ってみることにしました。

そして帰宅するマキ。

彼氏の類は「おかえり~」と、言います。

「おそかったね、どこいってたの?」と類が言うと、マキは「あ、えっと…由紀と飲みに…」と嘘をつきます。

しかし、類は「ごめん、実はあとつけてったんだ。」と話します。

頭が真っ白になる、マキ。

そして類は・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「情熱のアレ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「情熱のアレ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「情熱のアレ」と検索!

スポンサーリンク

情熱のアレの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

感想

今回の話では、マキが赤塚に相談する場面が描かれていましたが、マキがそれほどまでにセックスレスに悩んでいるんだなぁ、と感じることができましたね。

女性にとってこのセックスレスというのがどれほど困ることなのかはわかりませんが、恋人や夫婦間で何かしら悩みがあるという人は沢山いるのだと思います。

そういった方にはこの情熱のアレ、という作品はいっぱい共感できることがあって、面白いんじゃないかなぁと思いましたね。

そんな情熱のアレという作品は、恋人や夫婦間で悩みがある人や、女性のストーリーものが好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「情熱のアレ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「情熱のアレ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「情熱のアレ」と検索!

スポンサーリンク

情熱のアレの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ