U12の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)無料

U12 1巻の無料立ち読みはコチラ!?

U12とは?

U12とは、2012年5月から月刊誌「good!アフタヌーン」にて連載開始した、闇川コウさんのサバイバル漫画作品です。

謎の牢獄にとらわれてしまった、それぞれ特徴や個性の違う12人のいたいけな少女たち。

彼女たちは皆両親から見捨てられ、政府が連行してきた少女たちです。

この理不尽な異常事態を切り抜けるべく、少女たちは闘争を開始します。

そんなU12という作品は、戦慄の少女脱獄サバイバル作品であり、そういったサバイバル作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「U12」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「U12」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「U12」と検索!

スポンサーリンク

U12のあらすじ(1巻前半)

ある国の政府が制定した法律によって、人権を奪われて連れてこられた少女たちがいます。

彼女たちは両親から同意を取り付けたうえで政府が連行した、合法的行為によって自由を奪われてしまいます。

しばらくは閉鎖された空間で何も知らされることなく過ごしていましたが、ある日やってきた施設の所長から言い渡される、お楽しみ会への参加。

お楽しみ会、そんな心躍る響きからは想像もつかないほど過酷な現実が、彼女たちに襲い掛かっていきます。

なぜ彼女たちは連れてこられたのか、そして、ここで一体なにが始まるのか・・・?

少女たちの脱獄サバイバルが、はじまります・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「U12」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「U12」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「U12」と検索!

U12の濃いネタバレ(1巻前半)

その年の通常国会において、1つの法案が可決されました。

ほとんどの国民が無縁のその法律により、ごく一部の人たちの生活は一変することとなりました。

場面はかわって、どこかの部屋の中、複数の少女が倒れています。

「う…」と、皆それぞれ目を覚まします。

「なによー。」「あたまいたーい!」「ここは…?」と、つぶやくそれぞれの少女たち。

「目が覚めたかね」と、老人の男が話します。

「本日をもって、君たち12人の人権を停止させていただきます」と話す老人。

「え…?」「じんけん?」「ってなにぃ?」と、事態を呑み込めない少女たちをみて、老人はにやりと笑います。

老人は「ふふ、みなさんようこそ。今日から君たちはここで過ごすことになるのです。君たちの親権者からの同意書も得てあります」と話します。

「はあ!?」「何言ってるの!?」「今すぐ家に帰して下さい!!」と話すそれぞれの少女たち。

「警察呼んだるわ」と一人の少女が言います。

「それに我々は政府からの委託を受けております。ご安心ください」と老人は全く動じずに話します。

「あ、あなたたち一体…?」と少女が言うと「じきに事情もわかってくるでしょう。それまでゆっくりおくつろぎを」と、老人は去っていきます。

「ええかげんにせえや!こんなん付き合ってられんわ。うちは帰らせてもらうで!」と話す少女は、無理やり部屋を出ようとします。

しかし、その少女の腕をつかみ、止める屈強な男。

「ここでの脱走は我々がさせない」と、話す屈強な男。

老人は戻ってきて、「あなたがたは法に基づいてここに連れてこられたのです。逃げ出すことは許されません。」と言います。

「倉門すみれ、福門ここみ、クリスシルヴァークラウン、田中とうか、田中せいら、浅草ひなた、丸内あやこ、日比谷ゆき、有楽原いちご、北清みなみ、三田ことみ、千代田かなめ、以上12名君たちは何にも悪いことをしたわけではない。だが、もうこの世界に君たちの居場所はないのです。」と、老人はそれぞれの少女の名前を一人ずつ言い、「ここ以外はね」と、最後にそう言いました。

「12人…って、13人!?」と、もう一人少女がいることに気付いた少女。

選ばれたの12人、そして、13人目のこの少女は、どうやらほかの少女が来る前からここにいるようでした。

とても汚らしい恰好をしているその少女を、12人の少女は見つめますが、特に何も反応がないので、すぐに目をそらします。

「ここからずっと出れないの?」「やだー!だしてー!」「お母様に言いつけますわよ!」と、各々まだ状況が理解できず、話します。

そんな中、三田ことみは、自分と一緒に来た千代田かなめのことを見ます。

そのかなめの目を見てぞっとすることみ。

かなめの目は一切光を失っておらず、鋭い眼で老人を睨みつけていたからです。

場面はかわって、数時間後。

「食事だ!」と雑に持ってこられた食事は、牛乳などもあり、一見栄養バランスがしっかりと考えられている食事のようでした。

恐る恐る口にするひなたは、「お!これうめー!」と、予想外の味に舌をうならせます。

「よかった!あたしお腹空いてたんだ~」「それ、いらないならちょーだい!」「だーめー」と、緊張感のない様子の少女たち。

それから5日…、ことみ達は淡々と毎日を過ごしていました。

ずっとあの部屋に閉じ込められ、日に3回の食事を届けられるだけで、あとは何もない日々。

最初は泣き騒いでた子たちも、今は落ち着いているようでした。

「ことみーん」と話すひなた。

「一緒にトランプやろーぜー!」と、ことみを誘います。

この5日でことみは友達もできたようでした。

「ひなたちゃん、どこからそんな?」と、トランプを持つひなたを見て驚くことみに、「うち、ランドセルの中にいつも入れてるんや。あいつらなんも取り上げなかったからな」と嬉しそうに話すひなた。

「ふん、これだから共学の子たちは…。それに、そんな恰好はしたないですわ。」と話す一人の少女。

「別に、怖いことなんて何もおきひんやん。」「どんなかっこしてても平気だよ~」「そのうちお母さんが迎えにくるっしょ。」「それまでの我慢だよー」と、相変わらず事の重大さを理解していないようでした。

そんな中、13人目の少女だけは汚い恰好で、ずっとぶつぶつと何かをつぶやいているだけで、少し不気味に感じることみ。

突然、グラッと地面が揺れます。

「うえあ!」と倒れるひなたにぶつかることみ。

「いたいよ、ひなたちゃん、急になにするのー」とことみが言うと「いきなり揺れたからさ、今の地震?」とひなたが言うと、「!なんか足音聞こえへん?」と、扉の方を見ます。

扉があき、老人が出てきます。

「時間です。」と話すその老人。

そして・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「U12」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「U12」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「U12」と検索!

スポンサーリンク

U12の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

感想

今回の話では、ことみをはじめとする12人の少女が連れ去られるところが描かれていましたが、これから怒涛の展開へと続いていくようで、面白かったですね。

12人の少女は皆個性豊かで、中でもひなたという男まさりな元気な女の子は、あのような状況でも明るくて、なんだかすごいなと思いました。

とはいえ、なぜ少女たちは集められたのかもまだまだわからず、これから先の展開が気になりますね。

そんなU12という作品は、戦慄の少女脱獄サバイバル作品であり、そういったサバイバル作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「U12」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「U12」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「U12」と検索!

スポンサーリンク

U12の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ