人狼ゲームの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)無料

人狼ゲーム 1巻の無料立ち読みはコチラ!?

人狼ゲームとは?

人狼ゲームとは、強制的に人狼ゲームに参加させられることになった参加者たちによるデスゲームを描いた衝撃の作品です。

高校二年生の仁科愛梨は、ある晩何者かに拉致されてしまいます。

目覚めると謎の密閉空間に同じ高校の生徒たちが集められていて、強制的に命をかけたリアル人狼ゲームに参加させられることになります。

このゲームは、人狼と村人に分かれて仲間同士で殺し合い、ルールに従わないものにもまた悲惨な死が与えられるという、恐怖と戦慄に満ちたデスゲームでした。

そして始まる人狼ゲーム、果たして、愛梨たちは無事に生き抜くことができるのでしょうか。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「人狼ゲーム」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「人狼ゲーム」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「人狼ゲーム」と検索!

スポンサーリンク

人狼ゲームのあらすじ(1巻前半)

この物語の主人公、仁科愛梨は、歴史の本が大好きな普通の高校二年生。

普通に日常を過ごしている愛梨は、本屋でバイトをしています。

そんなバイトの帰り、突然何者かにスタンガンで気絶させられ、拉致されてしまう愛梨。

目が覚めると、そこには同じ高校の生徒が集められ、椅子に座らせていました。

スピーカーから流れるアナウンスによると、ここにいる人全員で人狼ゲームをするということでした。

強制的に人狼ゲームに参加させられることになった愛梨たち。

仲間同士で行われる、恐怖のデスゲームが幕を開けます・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「人狼ゲーム」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「人狼ゲーム」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「人狼ゲーム」と検索!

人狼ゲームの濃いネタバレ(1巻前半)

「仁科さん…、私たちと同じクラスの人はほかにいないわよね。多少見覚えのあるひとはいるけども…」と話すのは、愛梨のクラスメイト、猪瀬。

「どうやら学校行事じゃなさそうね、これ…」と話す猪瀬は、愛梨と同様ここに突然連れてこられたようでした。

「それでは、ルールを説明いたします」というスピーカーの声の主。

「おいおいおい!ほかに説明することあんじゃねーのか!」と参加者の一人がいうも、その声は無視するようです。

「ここどこだよ」「なんなのこれぇ…」と参加者は皆言いますが、それとは関係なくガーっとモニターが上から降りてきます。

「これから皆さんにプレイしていただくのは、人狼ゲームです。」と話すスピーカーの声。

「え?」「なんだって??」「人狼ゲーム・・?」「しっ!黙って聞けよ」と、口々に参加者は話します。

「みなさんに一切の拒否権はありません。この場で起きるすべての出来事は撮影、中継、録画されています。」と言うスピーカーの声の主。

「うそでしょ…?」「どっきり?」「なんかこういうの映画にあったぞ」と、あまり事態を呑み込めていない参加者たち。

一人が、「そ、そうだ!ケータイ!!」と、携帯電話を取り出します。

しかし、当然携帯は圏外で外には繋がらないようでした。

スピーカーはそんな参加者は無視して、話し続けます。

「詳しいルールを説明いたします。この中には二人の人狼役が紛れ込んでいます。それ以外は村人です。両者をまとめて村人と呼びます。」

「人狼側は正体を見破られずに村人を皆殺しにすれば勝利。村人側は人間をいち早く見つけ出し、皆殺しにすれば勝利です」と、いうスピーカーの言葉に、「殺すって…嘘だろ…?」と反応を示す参加者たち。

「住人の皆さんには、毎日20時に今と同じ席で投票を行っていただきます。それぞれ自分が人狼だと思う相手を指さしてください。当然人狼は正体を隠したうえで投票に加わります。」

「この投票で最も多くの票を集めた参加者はその場で処刑されます。」

「処刑されたものは命を失います。処刑はみなさん自身の手で行っていただきます。」と話すスピーカーの声の主に、「ちょ、ちょっと!!私たちに人を殺せって言ってるの?!」と驚く参加者たち。

「処刑の方法については後程ご説明いたします。詳しくは実際の現場にて…」と、スピーカーの主は言います。

「しょ、処刑ってなんだよ!俺そんなこと絶対できねえし、しねえかんな!!」と参加者の男が言うも、「落ち着いて。今は説明を聞くんだ。命に関わることだぞ」ともう一人の参加者の男が制止しました。

「最多投票者が複数いた場合は、それ以外の参加者で決選投票を行ってください。決選投票でも票が割れた場合は、その夜の処刑はなしです。」

「深夜0時から翌朝6自までは各々割り当てられた部屋にいてください。ただし、人狼は0時から2時までの間に部屋を出て、村人の中から一人を選び、殺してください」と、スピーカーは言います。

手が震える仁科、その手をぎゅっと握る猪瀬。

「20時に全員で1人を処刑し、夜中に人狼が1人を殺害する。これを生き残った住人が人狼だけもしくは村人だけになるまで繰り返してください。最後まで生き残った側全員の勝利です。ちなみに勝利した側には合計1億円が支払われます。」というスピーカーの声の主。

「あの、自分がその村人か人狼かというのは…?」と手をあげて質問する小太りの男。

「各々の椅子の裏を見てください。そこに貼られた封筒の中にみなさんの正体が記されたカードが入っています。カードは他人に見せても見てもいけません。」と、そうスピーカーが話すとすぐ椅子の下をまさぐる参加者たち。

その様子を見て、仁科は嫌々ながらも自分の役割を確認します。

仁科には村人の役割が与えられているようでした。

カードに書いてあった部屋番号をもとに、部屋へと行くことにする参加者たち。

皆、カードを見る前と見た後では瞳の鋭さが変わっていました。

この中に人狼がいるのです。

「カード早くしまったほうがいいわ、仁科さん。何がどうなるかわからないのよ」と猪瀬はフリーズしていた仁科に声をかけます。

「そして、村人の中には一人だけ預言者がいます。」と、スピーカーの声の主が話します。

預言者は、一晩に一回だけ、人狼を予言することができるのです。

そして・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「人狼ゲーム」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「人狼ゲーム」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「人狼ゲーム」と検索!

スポンサーリンク

人狼ゲームの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

感想

人狼ゲームというゲームの存在は知っていたので、それが漫画になるとどうなるのだろうとワクワクしながら読み始めましたが、その内容は人狼ゲームの名に恥じない壮絶なゲームで面白かったですね。

実際の人狼ゲームでは勿論殺したりはしませんが、これは漫画の中での話なので、実際に処刑をし殺してしまいます。

そうして人がだんだんと減っていく様子は、サバイバルらしく、ぞっとする怖さがありましたね。

世界のどこかでこんなことがあったらどうしよう、と思わせられるほどリアルに描かれており、これからの展開がとても気になります。

そんな人狼ゲームはサバイバルサスペンスが好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「人狼ゲーム」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「人狼ゲーム」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「人狼ゲーム」と検索!

スポンサーリンク

人狼ゲームの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ