レンタル家族の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(後半)無料

レンタル家族(親に売られた子供)とは?

レンタル家族(親に売られた子供)とは、家族とは何かを問いかけるヒューマンドラマ作品です。

また、本作品は「うちへかえろう」を改題したものなので、重複購入には注意が必要です。

幼い兄弟は、親の借金が原因で、レンタル家族という仕事を担うことになります。

まだ小さいながらも、レンタル先での様々な事件に奮闘する二人に、読後はいろいろな感情を抱くことでしょう。

そんなレンタル家族(親に売られた子供)は、ヒューマンドラマ作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

スポンサーリンク

レンタル家族(親に売られた子供)のあらすじ(後半)

この子達が私の弟になってくれるの?と目を輝かせて話している小さな女の子がいます。

その少女の前に、親の借金を返済するためにレンタル家族として働くことになった幼い兄弟がいました。

その二人の兄弟の名前は、兄が悠で弟が智也と言います。

悠と智也は、亡くなった息子の代わりや、本当の孫に会えない老人、不倫相手と別れたい男のなどの元へとレンタルされ、行く先々で様々な複雑な家庭問題と直面し、小さいながらもなんとかしようと奮闘してきました。

そんな二人が次にレンタルされた先が、この少女の家族です。

少女が弟が欲しいということで、レンタルされたようですが・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

レンタル家族(親に売られた子供)の濃いネタバレ(後半)

「ほんと!?この子たちがるりなの弟になってくれるの!?」と喜んでいる女の子、るりな。

「そう。一か月の間だけどね。悠くんと智也くんだよ。」とるりなのお父さんが言います。

「るりなちゃん、ずっと弟がほしいっていってたものね。よかったわね」と話す女性。

「うん、嬉しい」と言うるりなは、「るりなの部屋で遊ぼう!」と、悠と智也を部屋へと連れていきます。

「レンタル家族なんてよく思いつきましたね、専務」と、その女性は言います。

「知人に紹介してもらってね。子供までレンタルしてるとは思わなかったよ」と言う、るりなの父。

「るりなちゃん、嬉しそうでした」と話すその女性に「やっぱりさびしいんだろうな。あの子に必要なのは弟より母親だよ。そう、君のような…」と言うるりなの父。

「あの子の母親に君以外考えられない」と、るりなの父は言いますが、女性は「でも、るりなちゃんは私のことはあんまり…」と言います。

「あの子は照れてるんだ。長い間母親というものがいなかったから、どうしていいかわからないだけだよ」と言う、るりなの父。

場面はかわって、るりなの部屋。

「わぁ!すごーい!これ全部おねえちゃんの!?」と、るりなの部屋に飾られたお人形を見て、驚いている智也。

すると、るりなは智也の手をばしっと叩き「さわらないで!!これはみんなパパからのプレゼントなんだから!!!」と言います。

「これならいいわ。あの女がくれたものだからね。」と汚い人形を渡するりな。

「あの女?」と聞く智也に、「いたでしょ。さっきの母親面した女が」とるりなは言います。

「お母さんじゃないの?あのひと」と聞く悠に「まさか!パパの会社で働いてる人よ。」とそっぽを向くるりな。

「会社の人がどうしてここにいるの」と聞くも、「あんたたちには関係ないでしょ!」と大きい声で怒鳴る、るりな。

「るりなちゃん、そんな大きな声出さなくても…」と悠が言うと「なれなれしく呼ばないで!!」とるりなは悠の頬をひっぱたきます。

るりなは、「私はお姉さんよ!あんたたちより年上なんだから、これからは私の言うことを聞いてもらうわよ」とふんぞりかえりいます。

そんなるりなを見て、きょとんとする悠と智也。

場面はかわって、夜。

「すっご~い!おっきい部屋!ひろーいベッド!」と喜んでいる智也に、「駄目だよ智也、そんなことしちゃ…」と冷静な悠。

その様子を見て「ふん!ばっかみたい」と通りがかる機嫌が悪いるりな。

「見られちゃった…。ちょっと怖いお姉さんだね」と智也は言い、悠も少し怖がっています。

「こんなフカフカなベッドで寝たら、綿あめになっちゃいそう…」と幸せそうな寝顔の智也を見て、「智也…、おまえってほんと気楽でいいね…」と、悠は苦笑いしています。

思えば、子供のところにレンタルされるのは今回がはじめての悠、いつもと勝手の違う仕事に、戸惑っているようでした。

「おはようございます、専務」と、迎えに来る例の女性に、「おはよう」と答えるるりなの父。

「君たち、るりなをよろしくな」と、悠と智也に言うと、るりなの父は会社へと向かいます。

その様子を見て、家政婦達は「いつ結婚するんでしょうね、旦那様たち。」

「旦那様も奥様を亡くされて久しいからね。すぐ結婚してもおかしくないくらいよ。」

「その点、あの女性なら適役ですよね。この家のことも知ってるし、仕事のこともよくわかってらっしゃるし」とヒソヒソと話しています。

その話を聞き、るりなは少し暗い顔をしています。

るりなは、ある日のことを思い出していました。

「るりな、私の秘書の人を知ってるね。その人を新しいお母さんにしたいと思うんだけど、るりなはどう思う?」と、話す、るりなの父。

「るりなは…お母さんより弟がほしいの。弟がすぐほしいの…」と、言うるりな。

実はこの時、るりなは弟がほしいのではなく、新しいお母さんはいらない、と思っていました。

この時弟がほしいと言ったことが原因で、レンタルされることになった悠と智也。

場面は戻って、現在。

るりなは、新しいお母さんが来ることに、戸惑い、涙を流します。

その様子を見る悠と智也ですが、見られていることに気付いたるりなはすぐさまその場を去ってしまいます。

場面はかわって、お昼。

「さぁ集まって!お勉強をはじめるわよ。」と話するりな。

「勉強?学校にいってるんじゃないの?」と悠は聞きます。

「わたし体が弱いから家庭教師にきてもらってるの」とるりなはその事情を説明します。

そして・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

スポンサーリンク

レンタル家族の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(前半)はコチラ!?

感想

今回の話では、悠と智也がはじめて子供がいるところへレンタルされる様子が描かれており、面白かったですね。

レンタル先の子供が、弟がほしいと言ったことにより、レンタルされることになった悠と智也ですが、実はその子供は弟がほしいわけじゃなく、新しいお母さんがいらないだけなのだということがわかります。

悠がそのことを察して、そして智也とともに問題を解決していこうとしていく様は、見ていて感動しましたね。

このレンタル家族という作品は、なかなか衝撃的な内容で展開も面白く、見ていて飽きがきません。

そんなレンタル家族(親に売られた子供)は、リアルなヒューマンドラマ作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

スポンサーリンク

レンタル家族の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ