レンタル家族の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(前半)無料

レンタル家族(親に売られた子供)とは?

レンタル家族(親に売られた子供)とは、家族とは何かを問いかけるヒューマンドラマ作品です。

また、本作品は「うちへかえろう」を改題したものなので、重複購入には注意が必要です。

幼い兄弟は、親の借金が原因で、レンタル家族という仕事を担うことになります。

まだ小さいながらも、レンタル先での様々な事件に奮闘する二人に、読後はいろいろな感情を抱くことでしょう。

そんなレンタル家族(親に売られた子供)は、ヒューマンドラマ作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

スポンサーリンク

レンタル家族(親に売られた子供)のあらすじ(前半)

両親が作った借金を返済するために、レンタル家族として働くことになってしまった、幼い兄弟がいます。

その男の子二人の名前は、悠と智也と言い、亡くなった息子の代わりや、本当の孫に会えない老人の元などへレンタルされます。

行く先々で複雑な家庭問題と直面し、小さいながらもなんとかしようと奮闘する二人。

いつか本当の両親と再会できると信じて、今日も悠と智也は問題を抱えた家族の元へと貸し出しされていくのでした・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

レンタル家族(親に売られた子供)の濃いネタバレ(前半)

「いいね、智也、二人きりでもがんばっていけるね。お兄ちゃんと一緒だからね。」と話す、兄の悠。

「うん、ぼくがんばるよ。泣かないよ、男の子だもんね」と弟の智也は言います。

そんな幼い兄弟二人は、車に乗っています。

「ここがおまえたちの最初の仕事場だ。やることはわかってるな。」と、話すスーツの男。

「ここのおじいさんの孫になって暮らすこと…」と話す悠。

「そうだ。せいぜいいい子を演じてかわいがってもらえ。早く稼いで借金を返せば、おまえたちの親も戻ってくるさ」とスーツの男は話し、家のインターフォンを押します。

「…、あんたたちは?」と老人が言います。

「スイートホームサービスから参りました、木田と申します」と、スーツの男木田は話します。

「この子たちがご注文の悠と智也です。一週間のご契約でよろしいですね?」と木田は言います。

「…え?」と訳の分からない様子の老人。

「緒方明様からこちらへ「孫」を二人貸し出すように注文を受けておりますが…」と言う木田に「明が…?息子がなんだって…?貸し出すっていうのは…」と、現状が理解できない様子の老人。

「とにかく、料金は前金で受け取っていますので、この子達は一応おいていきます。しっかり働けよ、ふたりとも」と木田は言い、去っていきました。

「え、ちょ、ちょっとあんた…!どういうことだこれは…」と言う老人。

「僕たち、レンタル家族なんだ。お客さんのなってほしい家族になって一緒に暮らしてあげる。それがぼくたちの仕事だよ」と話す悠。

「よろしくおじいちゃん」と話す悠を見て、老人は言葉に詰まります。

「どういうつもりだ明!俺はお前たちの子供に会いたいと言ったんだぞ!それをレンタル家族なんぞ送ってよこすとは、そんなに俺にあわせたくないのか!」と老人は電話をしています。

その電話の相手、息子の明は「あぁ、その通りだよ」と言います。

「今更のこのこ現れて親父面しないでくれ。俺とおふくろにした仕打ちを償いたいなら遺産のほとんどを残してさっさと死んでほしいもんだ。送ってよこした金で注文してやったよ。孫に会いたかったんだろ?」と言う、明。

その様子を見て、智也は「お兄ちゃん、ぼくたちここにきちゃいけなかったのかな…」と言い、悠は「どうして?」と聞きます。

「だってあのおじいちゃんちっとも嬉しそうじゃないよ。木田さんはぼくたちがいけばみんな喜ぶって言ってたのに」と智也は言います。

「うん、そうだね…」と言いながら悠は、『ここでも僕たちはいらないって言われるのかな。母さんたちに捨てられたときみたいに』と、思います。

「もういい!!」と電話をガチャンと切る老人。

「おじいさん、どうしたの、歯が痛いの?僕がふーふーしてあげようか。お兄ちゃんいつもそうしてくれるよ。そうすると治るんだ、虫歯が痛いんでしょ」と言う智也。

「がきが!なにばかなことを…」と、老人は何とも言えぬ気持ちで、その場を去ります。

場面はかわって、夜。

「ちわ!笠寿司でーす」と、出前の人が来ています。

どうやら、お寿司を注文したようです。

「これなあに?」と目を輝かせて言う智也に「お寿司だよ。智也好きだろ。」と言う悠。

「仕方なく食わせてやってるんだ。特上だぞ!ありがたくおもえ。」と老人は言います。

「お寿司ってお皿に乗って回ってるだけじゃないんだね」と言う智也に「回転すしの味しか知らんのか、わびしいもんだな。おまえたちの親はそんなところにしか連れていかんのか」と話す老人。

「一緒に来たあの不愛想な男はお前たちのなんだ?あれが父親か?」と言う老人に「えっと、お父さんはね…」と言いかける智也。

それを遮って「そう、あのひとがぼくたちのお父さん。ぼくたち家族でこの仕事をしてるんです」と悠は言います。

「学校はどうしてるんだ?」と聞く老人に「まだ5歳だから、ぼく」と言う悠。

木田は本当のお父さんではありませんが、この仕事を始める前に木田に「いろいろ探られると面倒だからな、何か聞かれたら家族でこの仕事をしてるといえ。年もごまかせ。まだ学校にはいく歳じゃないというんだ」と言われている悠と智也は老人に嘘をつくのでした。

そして老人は・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

スポンサーリンク

レンタル家族の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(後半)はコチラ!?

感想

今回の話では、幼い兄弟の悠と智也がはじめての仕事に取り組む様子が描かれており、その様子がなかなか衝撃的で、面白かったですね。

実際にレンタル家族というものはあるのかわかりませんが、本当にありそうだなぁ、と思わせられるほど上手に描かれていました。

これから悠と智也はどうなってしまうのか、本当に気になりますね。

しかし、幼い二人を働かせなくてはならないこの状況、とても不憫でかわいそうで、漫画の中だけの話だったらいいなぁと思います。

そんなレンタル家族(親に売られた子供)は、ヒューマンドラマ作品が好きな人には文句なしにおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「レンタル家族」を無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「レンタル家族」と検索!

スポンサーリンク

レンタル家族の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ