風俗行ったら人生変わった(漫画)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(上巻前半)無料

風俗行ったら人生変わったとは?

風俗行ったら人生変わったwwwとは、実話を元にしたヒューマンドラマ作品です。

主人公の遼太郎は29歳のブサイクなメンズ、つまりブサメンです。

意を決して風俗へと飛び込んだら、そこで出会った天使のような女性に一目ぼれをしてしまいます。

その女性「かよさん」に出会った遼太郎の人生は、そこから大きく変わっていくことになります。

そんな風俗行ったら人生変わったwwwは、実際にあった話を元にした作品が好きな方や、ヒューマンドラマ作品が好きな人には特におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「風俗行ったら人生変わった」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「風俗行ったら人生変わった」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「風俗行ったら人生変わった」と検索!

スポンサーリンク

風俗行ったら人生変わったのあらすじ(上巻前半)

主人公の「遼太郎」。

彼は、29歳で童貞の、いわゆるブサイクな男、つまりブサメンです。

そんなブサメンな遼太郎は、ブサメンであることで沢山の不幸を経験してきました。

童貞である自分、そんな自分から変わりたい遼太郎は、意を決してデリヘルへと飛び込みます。

そこでは、遼太郎が全く予期していない出会いがありました。

デリヘルで呼んだ先で会った、デリヘル嬢「かよさん」に一目ぼれしてしまうのです。

プラトニックに「かよさん」の元へと通う遼太郎は、次第に「かよさん」の事情を知っていきます。

一体なぜ、かよさんはデリヘル嬢になってしまったのか。

それは・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「風俗行ったら人生変わった」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「風俗行ったら人生変わった」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「風俗行ったら人生変わった」と検索!

風俗行ったら人生変わったの濃いネタバレ(上巻前半)

日本の人口は一億二千万超え、そのうち一割がこの東京の人口約一千三百万人です。

ですが、そのほとんどの人がすれ違うだけの関係で、関わり合う人となると、わずかな人数しかいません。

けれども、ほんの少しの勇気と行動で一度の人生でもたくさんの人たちと深く、大きく関わることができます。

場面は、どこかの仕事場。

この物語の主人公、遼太郎が黙々と仕事をしています。

その後ろで話す男たち。

「まこっさん!今日終わったら時間ある?」と話す男。

「なに?なんかあんの?」と答えるまこっさんと呼ばれた男。

「大学んときの友達が、やりこんやるらしいんすけど、野郎のメンツたんねーって。」と話す男。

「俺無理、今月金ねえ」と返事をするまこっさんは、「遼太郎くん誘えば?あのひといつもなんの予定もなさげじゃん!」と言います。

「んー、まぁ彼でもいいんだけどさ、やりこんじゃん!それなりに空気作れるやつじゃなきゃ。ほら遼太郎くんってさぁ、女に慣れてなさそうっつーか、童貞なんじゃね、的な。」と話す男。

「おい、遼太郎くんって、29くらいか?さすがに童貞はねえだろ、ばかにしすぎだよ」と言うまこっさん。

「丸聞こえだっつーの」とつぶやく遼太郎は、仕事を終えます。

「はぁ~今週も終わった~」「飲みに行かね?」「いーねー、女の子呼ぶ?」と、男数人が話しているとこから遠くで、遼太郎は一人で帰っています。

遼太郎は身長163cm、29歳、お世辞にもあまりかっこいいとは言えない、むしろかっこいいとは程遠い、ブサイクな男、通称ブサメンです。

家族は両親と二人の妹で、とは言っても10下の双子の妹は遼太郎にとって二人目の父と遼太郎の母との間に生まれた子で、妹たちとはあまり仲は良くなく、ばい菌扱いされています。

子供のころは吃音症で、緊張すると今でも症状があらわれます。

そのため、いわゆるコミュニケーション障害というやつでした。

しかも、かなり重度の、です。

ブサメンの上、重度のコミュニケーション障害ということもあり、恋人いない歴=年齢の遼太郎。

会社の人たちが言うように、生まれてこのかた女子とはこれっぽっちの接点もない、純粋なる童貞です。

30歳になる前に、せめて童貞ぐらいは捨て去りたい、と遼太郎は思っています。

遼太郎は脱童貞のためにはソープランドだよね…と、自問自答しています。

でも俺にとってはレベル高すぎ…、と躊躇する遼太郎。

「だから俺は…、デリヘルだ!」と、遼太郎はデリヘルを探すことにします。

デリヘルを通して、自分をレベルアップさせて、脱童貞をしよう、というのが遼太郎の計画です。

しかし、実際どうすればいいのか、遼太郎はデリヘルの説明を見てもよくわかりません。

電話をして呼んで…、っと、ホームページにはそれしか書いていないのです。

勇気を出して呼んでみることにする遼太郎。

手が震え、うまくダイヤルもできません。

何度もやり直しますが、結局、自分の部屋という日常空間が勇気をそぎ、電話ができなかった遼太郎。

「みんなどうやってるんだろう。はじめての時…。さくっと電話かけられるもんじゃないよね。電話したとして…、だれが出る?なんて言われる?なんて話す?」とブツブツとつぶやきながら街を歩く遼太郎。

「ぼ、ぼったくられたら…?」と言いながら震える手で電話の発信ボタンを押そうとする遼太郎、最後の一歩が踏み出せません。

「ええい、背水の陣だ!」と、意を決して電話をする遼太郎。

「あ、あの、」とどもる遼太郎をものともせず「ありがとうございます!今どちらにいますか!?」とデリヘルの受付の人が電話で言います。

「お、お店の前かな」と遼太郎が言うと「あ、そうなんですね!ではお店にいらっしゃってください」と電話を切る受付。

流されるままにお店に入る遼太郎。

「あ、今電話くれた方ですね。お待ちしてました。中のほうへどうぞ」とテキパキと案内をしてくれる受付の人。

遼太郎は無事お店に入ることができました。

そんな遼太郎を待っていたのは・・・?

(このあと、衝撃の展開へと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「風俗行ったら人生変わった」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「風俗行ったら人生変わった」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「風俗行ったら人生変わった」と検索!

スポンサーリンク

風俗行ったら人生変わった(漫画)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(上巻後半)はコチラ!?

感想

今回の話では、遼太郎がはじめてデリヘルを利用するところが描かれており、とても生々しくて面白かったですね。

実際、デリヘルという世界は利用したことがない人にとっては未知の領域でしかなく、こんな感じなのかなぁ、と読んでいて楽しかったです。

遼太郎は吃音症でコミュニケーション障害ということですが、これはほとんどの人が多かれ少なかれ持っているものだと思います。

だから、今回の遼太郎の考えや行動には共感ができて面白かったですね。

そんな風俗行ったら人生変わったwwwは、実際にあった話を元にした作品が好きな方や、ヒューマンドラマ作品が好きな人には特におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「風俗行ったら人生変わった」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「風俗行ったら人生変わった」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「風俗行ったら人生変わった」と検索!

スポンサーリンク

風俗行ったら人生変わった(漫画)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(上巻後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ