淫獄の聖女(まんがグリム童話)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(後半)無料

「まんがグリム童話 淫獄の聖女」の無料立ち読みはコチラ!?

淫獄の聖女(まんがグリム童話)とは?

淫獄の聖女(まんがグリム童話)とは、菜月つや子先生による、まんがグリム童話シリーズに数えられる様々な作品を収録した、オムニバス作品です。

フランス随一のワイン工房に新オーナーとしてやってきた女の話「天女の羽衣」や、伝説の高級娼婦としてその名を轟かせた女性の話「コーティザン」など、様々な衝撃的な話が収録されています。

そんな淫獄の聖女(まんがグリム童話)は、何か面白いものを読みたい人はもちろんのこと、一冊で様々な作品が見たい人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「淫獄の聖女」と検索!

スポンサーリンク

淫獄の聖女(まんがグリム童話)のあらすじ(後半)

庭で雨の中傘もささず佇んでいる女性がいます。

その女性を高級そうな家の窓から眺めている一人の女性。

眺めているその目は、とても鋭く、冷たい目をしています。

追い払いますか、奥様、と話す召使に、放っておきなさい、と命じる奥様と呼ばれた女性ですが、雷がゴロゴロとなる中放置はできないと、結局家の中へと入れます。

佇んでいた女性は、私もコーティザンになりたいと、伝説のコーティザンであるヴィルナに会いに来た、と言いました。

お願い、私にレッスンをほどこして、と話すその女性に、冷たく、帰りなさいと言い放つ奥様こと、ヴィルナ。

しかし必死に追いすがるその女性を見て、ヴィルナは・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「淫獄の聖女」と検索!

淫獄の聖女(まんがグリム童話)の濃いネタバレ(後半)

外では雷が激しく鳴り、雨がゴーゴーと降っています。

ヴィルナに対して、レッスンをしてほしいとすがりつく一人の女性。

その女性は、「若様が!お仕え先の若様がご結婚されて…、ひそかに情を交わしているメイドの私は、あ、愛し合ってるとはいえこのまま屋敷に置くわけにはいかないってひまを出されたの!」と言います。

「だから?」と言うヴィルナ。

「平民の娘が貴族の彼のテリトリーにいつづけるためには、コーティザンになるしかない、と…。」と言う女性。

「コーティザンは遊び女よ。どんなお花畑な生活だと思っているの。お帰り。」と相変わらず冷たい視線で言い放つヴィルナ。

その目にも臆さず、必死に「お願い、ヴィルナ!!」とその女性は言います。

「あなたのような一流のコーティザンに…!」と言うや否や、外では激しい雷雨が巻き起こります。

ドガーン、と近くに落ちたのでしょうか、大きい音も鳴っています。

「この雷の中放り出されたら、門を出る前に打たれて死ぬわ」と頭を抱えながらその女性は話します。

あまりにも必死に訴える女性に対し、「あなたに似た女を知ってる。お茶のおかわりは?」と、ヴィルナはその女性を家に置くことに決めます。

ヴィルナは昔のことを思い出します。

アガタという女性がいました。

その彼女も身分は平民でした。

しかし、母親の前職で築かれた人脈により、彼女、アガタは貴族の令嬢と交友を持てる程度の暮らしぶりでした。

「オペレッタ?ありがとうエレナ。でも明日は彼と湖畔のコテージに行く予定なの。」と話すアガタに、「あら、残念。いいかげんに紹介しなさいよ、その彼氏」と話す貴族の女性エレナ。

「まだ秘密よ、エレナ」と笑うアガタは幸せそうです。

アガタの恋人のダリオは貴族で伯爵家の長男でした。

ダリオという高貴な美丈夫に身も心もささげていたアガタ。

ダリオは「貴族の娘より、平民の君のほうが美しい」と言います。

ほどなくして、ダリオのこの言葉の意味を知ることになるアガタ。

「エレナ、サプライズってなに?」とエレナに呼び出されたアガタは聞きます。

「アガタ待っていたのよ。親友のあなたに最初に婚約者を紹介したくて。」と嬉しそうに頬をあからめながら話すエレナ。

「ダリオデラリッツォ伯爵よ」とエレナが紹介するその男は、アガタの恋人であったはずのダリオでした。

「ダリオがかわいい子犬をプレゼントしてくれたの。つれてくるわね」と、その場を離れるエレナ。

ここぞとばかりにダリオに迫るアガタ。

「いったいどういうこと!?あなたは…私の恋人…でしょ?エレナなんて地味で影の薄い娘じゃないの!」とアガタが言うも、「でも貴族だから」の一言でダリオは一蹴してしまいます。

「私のこときれいだって…、大好きだっていったのに!」とアガタは言います。

「大好きだよアガタ。君は美人でそのうえ、母親が元コーティザンだ。遊びをわきまえたいい女だよ」と言い放つダリオは、にやりと笑い去っていきました。

くやしさのあまり、家に帰って発狂するアガタ。

「お母さんのせいよ!!お母さんがコーティザンなんてやっていたから私まで!!!本気だったのに!信じてたのに…もてあそばれっ…」と泣き叫ぶアガタ。

そのアガタを見て、なぜかアガタの母は「あなた、コーティザンになりなさい。超一流の」と言います。

「今18歳、ちょうどいい年頃だわ。1年で仕上げてサロンでデビューするのよ。みんな見返してやりなさい。」と言う母に、アガタは一流のコーティザンになることを決意します。

その後、アガタは自分の母親による様々なレッスンを経て、翌年にサロンでデビューを果たします。

そのときのアガタは、アガタという名前を捨て、「ヴィルナ」として生まれ変わっていました。

瞬く間に伝説へと昇華していくアガタ、もといヴィルナ。

そこには当然ダリオもいました。

変わっていくヴィルナにダリオは・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「淫獄の聖女」と検索!

スポンサーリンク

淫獄の聖女(まんがグリム童話)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(前半)はコチラ!?

感想

今回の話は、一人の伝説となったコーティザンの昔話を主軸に物語が展開していきましたね。

いったいどのようにしてヴィルナは生まれたのか、いったいどんな娘だったのか、それがページ数は少なくとも、濃く描かれており面白かったです。

淫獄の聖女(まんがグリム童話)という作品は、さまざまな作品のオムニバスでありながら、一話一話が濃いためどの話も楽しんでみることができます。

そんな淫獄の聖女(まんがグリム童話)は、何か面白いものを読みたい人はもちろんのこと、一冊で様々な作品が見たい人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「淫獄の聖女(まんがグリム童話)」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「淫獄の聖女」と検索!

スポンサーリンク

淫獄の聖女(まんがグリム童話)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ