監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻前半)無料

「監獄実験1巻」の無料立ち読みはコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)とは?

監獄実験とは、サスペンスミステリーに分類される、青年漫画です。

夏休み前最後の登校日、理不尽ないじめの日々に絶望する高校生、江山のもとに奇妙な手紙が届きます。

その手紙は、謎の「監禁ゲーム」への招待状でした。

期間中、監禁相手に対しては殺す以外の何をしても許されるというその謎のゲームに参加することにする江山。

監禁相手にいじめの首謀者、桐嶋を指名した江山の復讐劇が今始まります。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「監獄実験」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「監獄実験」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「監獄実験」と検索!

スポンサーリンク

監獄実験(プリズンラボ)のあらすじ(1巻前半)

この物語の主人公、江山アイトは、いじめに悩む気弱な男子高校生でした。

そのいじめの首謀者、桐嶋彩は、一見優等生で、クラスのリーダー、人望もある女子生徒で、そんな彩が江山をいじめることで、皆も江山をいじめるようになっていました。

神様、どうか彼女を、消してください…、そう江山は人知れず願います。

そんな江山に、夏休み前日「監禁ゲーム」の招待状が届きます。

選んだ相手を監禁することができ、拷問でもなんでもできる、とそこには書いてあります。

どうせいたずらだろう、と半信半疑の江山。

もう夏休みになるため、いじめもなくなるだろう、と一度は考える江山ですが、うたた寝した際に桐嶋に殴られる夢を見て、再びいじめの恐怖に怯えます。

悪戯でも良い、なにかすがるものが欲しかった江山。

そして、江山は桐嶋を監禁相手に選ぶのでした・・・。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「監獄実験」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「監獄実験」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「監獄実験」と検索!

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレ(1巻前半)

「ゲーム専用登録サイト…、こんなものまであるのか…。」とスマホを片手に、桐嶋彩という名前を監禁相手に入れる江山。

すると、桐嶋の顔写真が出てきます。

「桐嶋の写真…、まさか、このゲーム、もし、本当なら…」とつぶやく江山。

そして、翌日10時に指定の場所に集まるように連絡が来ます。

場面はかわって、翌日。

公園で待ち合わせ、しかも得体のしれない監禁ゲーム、いったいどんな人が来るのだろうと気弱な江山は怯えています。

しかし、そこに来たのは原川というきさくな男でした。

「俺の名前は原川。これから一か月、江山くんを担当するものさ」と原川は自己紹介します。

「家に送った書類だけじゃわからなかったろ。その辺をサポートするのが俺の役目さ。なんでも聞いてくれたまえ」と、原川は移動中の車で言います。

「あ、ごめん忘れてた。後部座席にあるアイマスクをつけてね。行先は極秘なんだ。」と原川はついでのように重大なことを言います。

「はい…」と江山は言いながらアイマスクをつけます。

そして、「それにしても江山くんって度胸あるよね」と原川は話し始めます。

「こんな怪しいゲームに参加してくれたのもそうだけど…、肝心の監禁相手を…、自分をいじめてる相手にするなんてさ…。ゲームの勝敗は「名前当て」で決まる。正体がばれちゃいけないってことさ。」と原川は言います。

「俺がもし急に監禁されたら、真っ先にいじめてる相手を思い浮かべるけどなぁ…」とにやっとする原川。

「桐嶋彩…。もう変更はできないよ?」と言う原川に、「すぐにばれるかもってことですよね。大丈夫ですよ…。」と言う江山。

「へぇ、ばれない自信があるのかな?」と言う原川に「いや、ばれますね。彼女を一番憎んでいるのは僕。彼女もそれを知っている。」と話す江山。

「だよね…だから名前なんてすぐに…」と話す原川を遮り、「最初の名前当てまで七日間…、七日のうちに喋れなくします。」と江山は言います。

「僕にしてきたことを倍にして、体も心もズタボロにしてやる…」と歯を食いしばりながら力強く話す江山に、「いいね、気に入ったよ。」と無邪気な笑顔をみせる原川。

そうこうしてるうちに、目的地についたようです。

「あの…、僕以外に参加者って何人くらい…?」と聞く江山に「監禁室は6つ。その数だけ招待状は送った。でも何人乗るだろう…?」と原川自身もわかっていないようでした。

「あ…参加者同士で会話しても構わないよ。その気があればだけどね」と原川は意味深なことを言います。

そして、部屋へと案内される江山。

「あの、桐嶋さんはどこに…?」と江山が聞くと、「もういるよ、そこに」、と原川は奥の扉を指さして言いました。

会うときは仮面をつけるように、と言われた江山は、仮面をつけます。

「こんにちは」と仮面をつけ声も変わっている江山は、そのまま桐嶋に話しかけます。

「誰?あんた。声も変えて気持ち悪いわね」と相変わらず強気な桐嶋、手足は縛られ、そこに自由はありません。

「これって監禁でしょ。普通に犯罪よ。ストーカー?まじきもっ!よっぽどもてない人生歩んできたのね。ほんとかわいそうなごみ人生。」

「さっさとここからだせ!ごみ野郎!!」と言い放つ桐嶋を、「うるさい」の一言で黙らせる江山。

「まったく、その様子じゃ状況を理解してないようだね。ちょっと待ってて。話すから…。」と江山は扉の外へ出てしまいます。

扉の外へ出た江山は、「がはっ」と息を吐きだします。

扉の外で待っていた原川は、「どうした?」と江山に尋ねます。

「江山くん、汗びっしょりじゃないか。あんなに強気だったのに、もしかしてびびったの?」とにやつく原川。

「あそこでは僕が上です…今から思い知らせてやりますよ…」と、どこか弱気な江山がそこにはいました。

専用のタブレットで、ルールを桐嶋に説明する江山。

ゲームの期間は一か月、監禁中に監禁している相手の名前を当てることができれば、監禁されている人は解放されます。

チャンスは四回、しかも勝てば1000万円が与えられます。

ルールなどを知った桐嶋は、相変わらず罵声を江山に浴びせます。

「お前はいったい誰なんだよ!松浦か、井上か…、それとも江山か…、まさか男装したさえこ?いや…でも…」と色々な名前をあげる桐嶋。

「いったい何人をいじめてきたの。本当に最低だなぁ、あやちゃんは」と、江山は言います。

そして強い力で桐嶋の頭を掴み、江山は・・・?

(この後、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「監獄実験」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「監獄実験」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「監獄実験」と検索!

スポンサーリンク

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻前半)はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻後半)はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)で桐島彩が受けた拷問の内容がヤバイ!?はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)の3巻が気になる衝撃の結末がヤバイ!?はコチラ!?

監獄実験のネタバレ!三崎の復讐の仕方がグロすぎてヤバイ!?はコチラ!?

監獄実験のネタバレ!江山の見つけた裏オプションがヤバイ!?はコチラ!?

感想

監獄実験(プリズンラボ)は、その特殊な設定ながら、どこかリアリティのある世界観で、本当に現実で起こっているんじゃないかと錯覚させられるストーリーが魅力の作品だなぁと感じました。

監獄実験(プリズンラボ)で行われることは結構残酷なのですが、人物の心理描写が詳細に描かれているため、グロイだけではなく読んでいて感じることがたくさんありますね。

これから江山と桐嶋はいったいどうなってしまうのか、まだまだ1巻の序盤ですが、どんどん先が読みたくなる展開に、興奮しっぱなしです。

そんな監獄実験(プリズンラボ)は、サスペンスが好きな人にはおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「監獄実験」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「監獄実験」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「監獄実験」と検索!

スポンサーリンク

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(1巻後半)はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻前半)はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)の濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻後半)はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)で桐島彩が受けた拷問の内容がヤバイ!?はコチラ!?

監獄実験(プリズンラボ)の3巻が気になる衝撃の結末がヤバイ!?はコチラ!?

監獄実験のネタバレ!三崎の復讐の仕方がグロすぎてヤバイ!?はコチラ!?

監獄実験のネタバレ!江山の見つけた裏オプションがヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ