戸籍のない子の濃いネタバレと感想(前半)無料【閲覧注意】

「戸籍のない子」の無料立ち読みはコチラ!?

戸籍のない子とは?

戸籍のない子は、2か月前に越してきた40歳の水商売の女性との出会いから始まります。

ゴミ出しのルールを守らない彼女に注意をしにいった町内班長の矢島という主婦の女性が、見た目は大人だけどどこか幼くたどたどしい少女の存在を知ります。

後日、公園に一人でいた少女に話しかけると、彼女はあの家の娘であったことを知ります。

幼児のような言葉づかいだが、二十歳であることに愕然とする矢島。

彼女が学校にも行っていない戸籍のない子であることを知った矢島は…?

最下層を生きる女の闇を描く表題作ほか全5作を収録した、読者投稿を元に作成された衝撃の作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「戸籍のない子」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「戸籍のない子」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「戸籍のない子」と検索!

スポンサーリンク

戸籍のない子の濃いネタバレとあらすじ(前半)

矢島ふみえ、54歳は住んでる地域の町内会で班長をしていました。

「今村さん、今村さん」と何度も言いながらインターフォンを押し続ける矢島。

「ちょっと今村さん、いるんでしょ!」と言います。

「ちょっと何!うるさいよ!!」と怒って出てくる今村。

「今村さんですね。私町内会班長の矢島といいますが。」と話す矢島。

「はぁ、町内会。なんだよそれ。」と話すその今村という女性。

「近所の方たちから再三ゴミ出しの苦情が来てるんです。ゴミはしっかり分別してください。特にびん、缶、それとおこうした回収日が違うゴミは一度持ち帰ってくださいね。」と話す矢島に、「ふわぁーい、わっかりましたよぉ」と欠伸をしながら話す今村。

その後ろで、きゃっ!と言いカップ麺をこぼす娘。

「ママ、あついよーいたいよー」と寄ってくるその娘に「なんだよおまえほんとにとろいんだから。ひっこんでな」と言う今村。

「ちょっと、あーもう!」と矢島が見ていられないとばかりにその娘の手を冷やしてあげます。

「やだ、やだよ」と言うその娘に「ちゃんと冷やしておかないと跡が残るから。ほら、動かないで、もう終わるから。」と矢島は言います。

そのとき、矢島はこの子はずいぶん子供っぽい、人見知りする子だなと感じました。

「あのさぁ、あんた人ん家あがりこんで何やってんのさ。帰んなよ」と言う今村。

そして帰った矢島に、「矢島さんちょっと…」と話しかける村田という女性。

「あんた隣の女に文句いいにきたんだろ。あの女ほんとになんとかなんないかねぇ」と話す村田。

村田の話によると、あの親子が越してきたのは2か月前で、母親はやはり水商売で夜中に酔っぱらって帰ってくるのでそのたびに目が覚めて困っている、ということでした。

昼間も入れ替わりで男がやってきて、まぁ、そういう声がして困る、と言っています。

「娘は一日中テレビつけててそれもカンに触るったらありゃしない。」と村田は言います。

「一日中って、あの娘さん、学校は?」と聞く矢島に「いってないよ。めったに外にも出てこないしね」と話す村田。

「あれ、ほら、登校拒否とか引きこもりってのじゃないのかねえ」と言う村田。

場面はかわって、今村の家。

今村の娘の名前は「あい」と言います。

学校にはそもそも行ったことがなく、一日中母か、テレビと一緒です。

たまに母が男を連れ込む時は外に行ってこいと部屋を出されます。

あいが一人で外にいると、偶然矢島に出会いました。

「あなた今村さんのとこの…」と話しかける矢島。

矢島は、あの日の火傷が何の手当もされていないことに気づきます。

思わず強引に家に連れてきてしまい、手当をしました。

あいは大変怯えていましたが、ごはんをあげると、凄い勢いでがっつきました。

それで少し気を許したのか、あいは矢島と話しをしてくれるようになりました。

「そう、あいちゃんっていうの。いい名前ね。それで、あいちゃんはいくつなのかな?」と聞くと「いくつ…、んー。あ、ママ、あいえーと、はたちになったって」と話すあい。

矢島はてっきり中学生ぐらいだとあいのことを見て思っていましたが、実は二十歳だと知って驚きます。
「あっ、暗い。あい、帰る」と言って帰ろうとするあいに、矢島はクマのぬいぐるみをあげます。

それを嬉しそうに抱き寄せるあいを見て、矢島は胸が痛みます。

「あの様子じゃ遊び道具なんか一つも持ってなかったみたいですよ。恰好も薄汚れてるし」と矢島は夫に話しています。

「何よりあんなにおなか空かせてて、ちゃんと食べてるのか心配ですよ」と矢島は話しますが、「けどなぁ母さん、いくら心配でも人様の娘さんなんだから」と優しい顔で諭す矢島の夫。

「そりゃそうなんですけど…」と言う矢島に、「やれやれ、子供たちが家を出てから母さんのおせっかい度は上がったんじゃないのか」と夫は笑っています。

その後、矢島はあいをほっておけず、この区域の民生委員の沢田さんに相談しました。

「20歳か、それじゃ児童相談所ってわけにはね…」と話す沢田。

沢田は64歳で、矢島が教師をしていた中学校の教頭先生だった人です。

「その女の子学習障害かもしれないわね。話聞いただけでもその母親ネグレクトな気がするし。」と話す沢田に「そうなんですよ。本当に二十歳ならあまりに幼すぎますし、あんなに人見知りするのもね…。」と言う矢島。

「今村あいさんね、私も気に留めとくから」と沢田が言います。

「お願いします、私も様子見に行くようにしますから」と矢島が言いました。

とはいうものの、あれから矢島は今村のせいであいに会わせてもらえず、さらにその隣に住んでいた村田も施設に入居することになり話も聞けなくなってしまいました。

数か月後、近所の公園で偶然あいに会うことができた矢島。

「あいちゃん!」と話しかける矢島に、びくっとするあいですが、矢島に気づくと「あー!ぷーちゃんの」とあいは言います。

「そう、人形、ぷーちゃんって名付けてくれたんだ」と話す矢島に「あい、ずっとぷーちゃんと一緒。ママと一緒。」と話すあい。

「そーか。あいちゃんのママが好きなんだ」と矢島が言うと「うん、あいずっとママといっしょ、ぷーちゃんもいっしょ」と笑いながら話すあい。

「あの…、あいちゃんのママと食事…ご飯食べてる?」と矢島が聞くと「うん、ママごはんくれる」と話すあい。

しかし・・・。

(このあと衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「戸籍のない子」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「戸籍のない子」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「戸籍のない子」と検索!

スポンサーリンク

戸籍のない子の濃いネタバレと感想(後半)はコチラ!?

戸籍のない子のネタバレ!あいが経験した過去がヤバイ!?はコチラ!?

戸籍のない子の結末のネタバレ!あいの衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

感想

今回の話を見て、本当にこんな子がこの世界にいるんだ、と衝撃を受けました。

この戸籍のない子という話は、読者投稿を元にしていますから、これらのことはすべて、現実で起こっていたことなのです。

それを踏まえた上で読むと、この作品の深みをより味わうことができるな、と感じました。

今回登場する「あい」という女の子のように、学校にも行けず、社会にも接していないまま二十歳になっていたら、と思うとぞっとしますね。

自分がいかに恵まれた環境にいるのか、そんなことをわからせてくれるこの作品は、何か漫画を探している人や、リアルなストーリーが好きな人に特におすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「戸籍のない子」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「戸籍のない子」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「戸籍のない子」と検索!

スポンサーリンク

戸籍のない子の濃いネタバレと感想(後半)はコチラ!?

戸籍のない子のネタバレ!あいが経験した過去がヤバイ!?はコチラ!?

戸籍のない子の結末のネタバレ!あいの衝撃のラストがヤバイ!?はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ