復讐教室の濃いネタバレと感想(1巻後半)無料【閲覧注意】

「復讐教室1巻」の無料立ち読みはコチラ!?

復讐教室とは?

復讐教室は、原作山崎烏先生、作画要龍先生による、ミステリーホラー作品です。

クラスでひどい虐めにあっていた中学3年生の主人公彩菜は、そのクラスメイトの誰かによって、車に轢かれて殺されかけてしまいます。

それまでは、いじめも耐えていけば早く終わるからそれでいい、と我慢するだけだった彩菜でしたが、この事故を機にクラスメイト全員に復讐することを誓います。

「クラスメイト全員に私と同じ地獄の苦しみを味わわせてやる…!」という強い決意を秘めた彩菜、見え隠れするいじめの首謀者、全員狩るまで終わらない
命がけの復讐劇が始まります。

そんな復讐教室は、ミステリーホラーが好きな人だけでなく、学園ものが好きな人にもおすすめです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「復讐教室」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「復讐教室」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「復讐教室」と検索!

スポンサーリンク

復讐教室の濃いネタバレとあらすじ(1巻後半)

場面は教室。

「そういうわけで、瀬尾は全治一週間、問題を起こした越智は10日間の自宅謹慎だ。トラブルを目撃した旨の電話があったため厳しく対応したんだ。まったく、この大事な時期に…」と話す先生。

その話を聞き、主人公の彩菜は笑っています。

「ふ、藤沢さん、す、すごいね!瀬尾君と越智君、あの後どうなったのか私なんかには想像できないけど藤沢さんは、その」と言うのは野村。

実は今回瀬尾と越智がこのようなことになったのは、すべて彩菜の仕業でした。

クラスでいじめられたことから、クラスメイト全員に復讐することを誓った彩菜、その最初の犠牲者は瀬尾と越智でした。

そして、野村はそんな彩菜に目をつけられ、今回のことに無理やり協力させられていたのでした。

しかし、結果的に復讐がうまくいったことによって彩菜を認める野村は、今彩菜に話しかけているのです。

そして、「ここでは私に近寄らないほうがいいよ、野村さんに迷惑がかかるから。」と話す彩菜に野村は強い憧れを持つのでした。

そんな野村を見て、あんたのことはまだ利用させてもらう、なつかれると面倒なのよ、とその場から去っていく彩菜。

ゆくゆくは野村にも復讐をするつもりの彩菜、クラスメイト全員に復讐するということを改めて誓います。

そう、それがかつての友達であっても。

「おおっと!」と言いいきなり男子生徒に水をかけられる彩菜。

「あ~手すべってもうたわ~!」とふざける男子生徒、「ぼーっと突っ立ってる障害物のせいやわ!おれしら~~ん!」と悪びれる様子もありません。

しかし、「日直の仕事くらいまともにできないの?片づけなさい。」と強い語気で話すのは裕子。

「な、なんやねん滝嶋!!悪いのは彩菜やで!!お前、今まで友達だったからってかばってんのか!?」と言う男子生徒に、「そんな話はしてないわ。あんたたちがいい加減だとクラス委員の私が怒られるの。片づけるの?どうなの!?」と話す裕子。

「わ、わかったよ」、とおとなしく片付ける男子生徒。

裕子は彩菜のことは無視して去ってしまいます。

「まったくバカ二人が問題起こしたばっかなのに懲りないわね!」と裕子と恵美は帰り道に話しています。

「それにしても越智と瀬尾、なにがあったんだろ?」と話す恵美。

「大体想像つくけどね。後輩から聞いた話だと瀬尾の顔2倍に膨れ上がって立って。」と話す裕子。

「そんなすごい顔写メしてみたかったな!」という恵美に「あんた何気にひどいこというわね」と引いている裕子。

「だってスクープだよ!!」と笑う恵美に、「ま、その天然っぷりが恵美かなぁ」とほっとした表情の裕子です。

「将来は写真家かしら?」と言う裕子に「そんな。あ、でも高校生になったらデジカメ買ってもらうの!」と言う恵美。

「いいよね、夢があって、うちの親なんて口を開けば勉強、成績。」とうんざりした表情の裕子です。

そして、「ごめん恵美、塾には休むって言っておいて。私今日はムーンに行く」とどこかへ行く裕子でした。

その陰で様子を見ている彩菜、携帯を片手に何かを企んでいるようでした。

クラス委員長滝嶋裕子、気が強い姉御肌で成績優秀、スポーツ万能、一見完璧な優等生、そして裕子の両親は異常に厳しく、親の期待に沿えなければひどい折檻をされるといいます。

そんな裕子が両親からの逃げ場所をどこかに求めるのは必然で、今日も「ムーン」というクラブへと入っていきます。

その様子を写真で撮る彩菜。

場面はかわって、クラブムーンの中。

「裕子ちゃん飲んでる~?って、ウーロン茶かーい!」と絡むケンという金髪の男。

「ちょ!ケンさんもう酔っぱらってる!?」と言う裕子。

「裕子はぴちぴちの18歳受験生なんでのめませーん!」と酔っぱらっているケンは話します。

どうやら裕子は18歳と偽ってこのクラブに来ているようでした。

「でも受験生でクラブって、勉強せんでええの~!?」とテンションが高いケン。

「いいのよ、家だと息が詰まりそう。学校だって、どいつもこいつも子供でさ、いじめなんかして喜んで、ほんと嫌になっちゃう。」と裕子は今日の出来事を話しています。

「テレビでは見るけど、マジにあるんだな!大丈夫なの、それ?」と言うケン。

「たいしたことないと思ってたのに最近エスカレートしてて、私もしんどかった時期にその子に冷たく当たったことあってさ、その、意地になってるっていうか…」と話す裕子は、彩菜のことは気にしているようでした。

「そりゃ大変や!今のままじゃ後悔すんで!手遅れになる前に謝らなあかん!!」と話すケン、一方で彩菜は先ほど撮った写真を印刷しているようでした。

場面はかわって、去年の7月、夏休み直前。

裕子と彩菜が話しています。

「相談したいこと?どうしたのよ改まって!」と話す裕子。

「もしかしてまりたちがあんたを無視してるってあれ!?あっきれた、あいつらまだ続けてたの?ほんと子供だね!!」と怒る裕子に「裕子にしか相談できなくて、ほかの二人には心配かけたくないし。」と彩菜は言います。

「まぁ恵美は天然だし、美穂は体が弱いしね。あー、でもごめん今日中に部活の日程表出さなきゃで、夜、塾終わってからでいい?南公園で待っててちょうだい!」と話す裕子、「ありがとう裕子!わたし、待ってるね!」と彩菜は言います。

しかし結局夜、いくら待っても裕子はあらわれませんでした。

「昨日?あぁ、塾と家でごたごたしてて忘れてたわ…」と裕子。

「そ、そっか忙しいもんね…、じゃあ、せめて夜電話してもいい?」と彩菜が言うと「やめて!」と強い声で言う裕子。

「家で電話なんてしてたらママがヒステリー起こすわ!ただでさえ成績のことで深夜まで怒られて。」と項垂れている裕子、そして、「クラス委員だから、部長だからってなんでも私に押し付けて…いい加減にして!!!」と激怒します。

彩菜はその裕子にびっくりして泣き出してしまいます。

そして、「なに泣いてるのよ、私が悪いみたいじゃない。じゃあ友達やめましょ!二度と話しかけてこないで!!」と裕子は彩菜の前から去ってしまうのでした。

それから彩菜へのいじめは加速していったのでした。

場面はかわって、クラブムーン。

裕子は、周りの皆の説得により、今までの彩菜への行いを後悔し、明日学校にいったら彩菜に謝ろうと誓います。

そして家へ帰ると、待っていたのは激高した両親でした。

いきなり平手打ちを食らう裕子、訳が分かりません。

すると、「お、おまえはぁぁぁ!!!」と父親が出してきた写真は、裕子がクラブムーンへと入っていく写真でした。

そして・・・。

(この後衝撃の展開が続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「復讐教室」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「復讐教室」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「復讐教室」と検索!

スポンサーリンク

復讐教室の濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

感想

今回の話では、彩菜と裕子がかつては仲が良かった、という衝撃の事実が判明しましたね。

彩菜と裕子の関係を知ると、彩菜の心の傷にとても共感できて、今回の話は見ていて面白かったです。

裕子との決裂によって、いじめは加速していったわけですから、彩菜にとっては一番復讐したい相手だったのではないでしょうか。

いじめというのは常に社会問題になっていますが、その実態は本当に残酷なものです。

この復讐教室は、復讐というどちらも哀しい結末になるであろうことを主軸に話が展開していきますから、その先がとても気になります。

そんな復讐教室は、ミステリーホラーが好きな人だけでなく、学園ものが好きな人にもおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「復讐教室」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「復讐教室」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「復讐教室」と検索!

スポンサーリンク

復讐教室の濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ