デリバリーシンデレラの濃いネタバレと感想(1巻後半)無料【閲覧注意】

「デリバリーシンデレラ1巻」の無料立ち読みはコチラ!?

デリバリーシンデレラとは?

デリバリーシンデレラとは週刊ヤングジャンプにて連載されていたNON先生の作品です。

昼間はダサい服装に眼鏡の地味な女子大学生である雅美が、夜は別人のように綺麗になりデリバリーヘルスでバイトをするというお話です。

同級生たちには秘密にしてバイトをしていたのですが、ある時一人の同級生にバレてしまい窮地に立たされてしまいます…。

ミヤビの働くデリバリーヘルスの店「フェアリーテイル」と、雅美が通う大学を舞台に、人間関係や様々な恋愛模様が描かれていくヒューマンストーリー作品となっています。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デリバリーシンデレラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デリバリーシンデレラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デリバリーシンデレラ」と検索!

スポンサーリンク

デリバリーシンデレラの濃いネタバレとあらすじ(1巻後半)

「わぁーーー!すーごーい!!ひゃぁ~~アレ乗りたい!!」と、雅美ははしゃいでします。

はしゃぐ雅美に向かって亜紀は「コラお待ち!!今日は勝手な行動絶対NGだかんねっ!!」と制します。

そこに「こんなもので騒いで…まるで子供ね。こんな騒々しい場所じゃ…落ち着いてお茶も飲めませんわ。」と佐々木香が呆れたように言います。

雅美、亜紀、香の3人はなぜか一緒に遊園地に来ていました。

なぜ3人で来たのかがわからない雅美はこっそりと「…ね、ねぇ亜紀ちゃん…どうして佐々木さんまで…?」と聞きます。

亜紀はしれっと「あらーいいじゃない、あんたのこと気に入ってるみたいだし。」と言いますが、実は思惑があったのでした。

『んふふ…予想的中!あの二人の時と場をわきまえない格好ったら!高飛車な女に地味な女…雅美にゃ悪いけどこの勝負もらったり!!だって今日は…』

そこに「よっす、亜紀!お待たー」「おおっカワイー子発見!!」と男性三人が声をかけてきました

そうです、今日は亜紀が仕組んだイケメン大学経大生、飯塚修平、ノブ、そしてもう一人の青年とのトリプルデートなのでした。

男性三人が現れた途端に態度を変える亜紀は「えっ、あっ、初めましてぇー東京陽光大学福祉科の松本亜紀でぇーす」と可愛げに話しますが、修平ともう一人は香に向かって「オレ飯塚、名前なんての!?」「日傘もつよ。」と話しかけます。

香が「…佐々木香…。」と答えると二人は「香さんかーステキな名前だね。」「お嬢様スか!スゲー!!」と褒めちぎります。

全く相手にされない亜紀はその様子を見ながら「フン!!今にボロが出るんだから…。」と心の中で思います。

そんな亜紀に雅美は「ねぇねぇお昼にする?」と話しかけますが「早えーよ!」と、怒られてしまいました。

「よしっグッチョッパでペア決めね!」の声で男性陣は誰を狙っているのかを話し始めます。

「正直に言えよ…お前ら誰狙い?まー俺は香ちゃんかな。」と修平は言います。

すると青年は「ズリッ、修平オメー亜紀ちゃんと仲良いだろ!!」と言います。

それに対して修平は「亜紀ぃ!?冗談だろ。」と香とペアを組もうとします。

「じゃあ…アレは?メガネの。」「いや無理。」二人の会話は平行線です。

「んじゃ、恨みっこなーし!ぐ~ちょっ…」と青年がペアを決めようとした時、修平が「いーや、待て!!ノブ!おめー誰よ?やっぱ香ちゃん?」と、急にノブに振りました。

ノブは「や…別にオレは誰でも、頭数合わせで来ただけだし。」とテンション低めに答えます。

そんなノブに修平が「ノーブぅ、せっかくなんだぜ、楽しめって。」と言うと、ノブは「お前が無理やり連れて来ただけだろ…。」と返します。

青年が「ノブはおカタ過ぎんだよぉ!まぁここは公平にな。」と言うと修平は「んだなっ!」と同意します。

「ハイ女子どーなった!?オレグー!」と修平が聞くと「あたしグー!」と亜紀が言いました。

落ち込む修平に対して青年は「おっ、オレ香さん!」と喜びます。

「私…こんな乗りもの初めてだわ。」と言う香に「ボクが守ります!」と答えます。

「えーと、アタシは…ノブさんと一緒ですね!」と雅美はノブに笑いかけました。

少し驚きながらノブは「え…もう名前…覚えてくれたんだ。」と言います。

「はいっ!人の顔と名前覚えるの得意なんです。あっノブさんも食べます?」と、雅美はカバンからあたりめを出します。

ノブは「あ…ありがと。」とあたりめを受け取りながら『イカ!?変なコに当たっちゃったな…。』と少し後悔しました。

雅美はそんなノブの様子に気がつきもせず『いつも持ち歩いてるんですよー、イカと高いところは大好きですっ!!』と続けます。

絶叫マシンやコーヒーカップなどに乗って3時間が経ちました。

顔色の悪い香に雅美は「…佐々木さん、大丈夫…?」と聞きますが、香は「…変なこと聞かないで、あなたに乗れて私に乗れないものなどないわ…。」と雅美を目のカタキのようにしていました。

そんなやり取りを見ていた修平は何かを考えていました。

亜紀が「どーしたのよ、飯塚。」と聞くと、修平は「よしっ、香さん!!あれに乗りましょう!」とメリーゴーランドを勧めました。

「…馬?」と聞く香に修平はさらに「これなら高くも速くもないので大丈夫です。」と続けます。

すると青年は『まっまさか---!!!お嬢様パンチラ〈INタイツ〉作戦を…!!?』と妄想しますが、香は「結構ですわ!本物の馬でなくては乗馬の練習になりませんもの。」と断ります。

修平と青年は二人揃って悔しがります。

そんな二人をよそに雅美はアイスを食べ始めますが、亜紀に「ちょっとー雅美、またアイス!?」と突っ込まれます。

雅美は「違うよぉ、さっきのは抹茶でこれはバニラだよ。」と言いますが「同じだろ!!今にお腹下すわよ。」と、怒られてしまいます。

そして亜紀の言った通り雅美のお腹がゴロ…と言い始めます。

すかさず亜紀は「ほらぁーバカね!!」と言いました。

少し離れた場所から雅美を見ていたノブは『あの子…まるで男を意識してないよな…。』と苦笑いします。

そこへ修平と青年がジュースを買って戻ってきました。

「おーノブ、なんだよ楽しそーじゃん。」と修平に言われたノブは「え?」と聞き返します。

「あれ~ノブくん変態ぽーい。ニヤニヤしてるぅー。」とからかう修平にノブは「はあ!?してねーし。」とうろたえます。

修平がさらに「はっはっ、朝はあんなにかったるそーだったのにねー。」とからかうので、ノブは「うっせーよ!」と、どこかへ行こうとしてしまいます。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デリバリーシンデレラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デリバリーシンデレラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デリバリーシンデレラ」と検索!

スポンサーリンク

デリバリーシンデレラの濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

感想

今回の話では、雅美の通う大学の人間関係を中心にした物語が進みます。

同級生の香にデリバリーヘルスで働いていることがバレてしまった『雅美』と秘密を知ってしまった『香』、雅美の友達で大きめ体型の『亜紀』の三人が別の大学の青年三人とトリプルデートをします。

そこで出会った青年『ノブ』との今後の関係は?

そして、雅美がデリバリーヘルスで働いていることを知ってしまった香の行動は?

登場人物も増え、今後の展開がますます気になります。

青年漫画が好きな方にはオススメの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デリバリーシンデレラ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デリバリーシンデレラ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デリバリーシンデレラ」と検索!

スポンサーリンク

デリバリーシンデレラの濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ