よとぎばなしの濃いネタバレと感想(1巻後半)無料【閲覧注意】

よとぎばなしとは?

よとぎばなしとは、松浦聡彦先生による、気が付いたら風俗ビルに住んでいた主人公菅原実(すがわらみのる)と、ヒロイン、セリアによるドタバタ青春ラブコメディーの作品です。

人気風俗店「よとぎ館」を舞台に繰り広げられる以外にも純情なラブストーリー&ラブコメディ。

よとぎばなしは、青春ってHと挫折と優柔不断でできている!と、思わせてくれる意外性たっぷりの作品で、ラブコメディーが好きな人には文句なしにおすすめできる作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よとぎばなし」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よとぎばなし」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よとぎばなし」と検索!

スポンサーリンク

よとぎばなしの濃いネタバレとあらすじ(1巻後半)

この物語の主人公、ミノルの引っ越し祝いBBQパーティ、ミノルの引っ越しを祝おうと集まった風俗ビルの住人達。

そこで住人があやうく一酸化炭素中毒で全滅しかけてから、はや10日が過ぎました。

「ったく、まだ部屋から焼肉の匂いが消えねぇよ。だいたい部屋の中で炭焼きBBQするか、普通。一酸化炭素中毒起こすの当然だろ、マジで。」とぶつくさと文句を言いながら歩くミノル。

すると、「あら、ミノル君、お出かけ?そっか、これから学校か。」と、マイクロビキニを着用したお店の女性に話しかけられました。

ミノルが風俗店兼風俗嬢の独身寮という奇怪な物件に移り住んでから半月が過ぎ、おかしな住人に悩まされながらも次第にココでの生活に順応してゆくミノル。

「多少玩具化されていることは否めないけど、ま、それもいいかな」と、この物語のヒロイン、風俗嬢のセリアを思い返してにやつくミノルでした。

場面は変わって、学校。

「で、お前はその女に惚れたってわけかー。」と友人が言います。

「ほ、惚れるなんてそんな!なんとなく気になるなーって!」と必死で弁明するミノルは逆に正直に白状しているようでした。

「あいかわらずわかりやすいやつだな。」と呆れる友人。

「やめとけよ。商売女相手に本気はやめとけ!不毛なだけだからな。俺も何度からプロと付き合ったことはあるけど、中には足抜けを誓った相手もいたけど、結局は。本気になっちゃいけねぇんだよ。」と、ミノルと同い年とは思えないほど的確なアドバイスをくれる友人。

「お前一体何歳だ!?だけど、お前の言う通りなんだろなやっぱり。」と落ち込むミノルは溜息を吐くのでした。

「それはそうと、最近お前ナミ見たか?」と友人がミノルの後輩であるナミのことを尋ねます。

「お前んとこに引っ越し祝い持っていくって、10日前くらいに行って以来、学校には来てるみたいなんだけど姿みねぇんだよ。」と友人が言います。

「10日前って、よとぎ館の連中が歓迎会を開いてくれた日!?あんなむちゃくちゃな日にマジでうちに来たのか!?」と、驚くミノル。

何か視線を感じて目をやると、ナミが覗いていたのですが、ミノルが気づくと即座に逃げてしまいました。

「やっぱダメっす。とても聞けないッス。」とナミは独り言を言っています。

あの日見ていたことの真相を聞きたいナミですが、ナミ的にはあの日ミノルの部屋ではドラッグパーティが行われていたものだと勘違いしていました。

そして、ミノルがセリアに「私が絶対に治して見せます、ミノルさんのEDを!」と話していたとき、ナミもそれを聞いていました。

セリアとミノルの関係性を知りたいナミですが、聞けずに悩んでいるです。

「先輩、教えてください…。」とナミは独り言を言いますが、ミノルはそれを聞いていて「まぁ、僕にこたえられることならね。」と答えます。

結局ナミは話せず、雨の中二人で帰るナミとミノル。

「おいちょっと!傘がないんなら入ってけって!」とミノルが言うも、「いいっす!ほっといてください!」とナミ。

「なに怒ってるんだよ!意味わかんねぇよ!」とミノルが言い、「怒ってなんかいないっす!!」とナミが言います。

ナミは内心、本当に怒っているわけないんす、ごめんなさい先輩、ただ、ずっと先輩のことが好きで…、と、自分の気持ちと葛藤しているだけなのです。

「待てって!」と強く手を引くミノル。

「わ、わりぃ、引く手強すぎた…。小雨ならともかく、こんな大降りなわけだし、傘ぐらい入ってけよ!風邪ひくぞ!なっ!」とミノルが言うとナミはミノルに抱き着いて泣き出してしまうのでした。

そしてナミの部屋で雨宿りをすることになった二人。

「っていうかぜーたくだな、お前の部屋。一人暮らしに3部屋はいらないだろ?」と、自分の家との差を感じるミノル。

「お父さんが仕事でよくこっち来るから、父親と二人暮らしみたいなもんっすよ。」と、ナミは言います。

「にしても。服乾かすのはいいけど、着替えあんのか?」とミノルは自分の着替えを心配しています。

「タンスに父さんのTシャツとかあるから、それ着てください。でも、もう少しそのままでいてください。」と、下着姿のナミが言います。

「おわ!下着姿ってまずいだろ!いくら友達だからって男と女だぞ!」と、照れるミノル。

「友達…。そうですよね、友達なのに。でも、私にはそれ以上の存在なんですよ、ずーっと!ミノル先輩を失いたくないんっす!なにがなんでも、絶対に!」とナミが言うと、ミノルはようやくナミが何を思い何を言っているのかおぼろげに理解してきたのでした。

場面はかわって、風俗ビル。

「カオルさん!指名が入ってますよ!副店長が呼んでます!」と女医姿のセリアが、カオルに話しかけています。

「女医かぁ、これからイメクラ?」とカオルが聞くと、「はい!」と答えるセリア。

「んじゃまぁ、頑張って2~3本抜いてきますか!」と、カオルが言うと、「頑張りましょ!お互いに!」とセリアが言うのでした。

場面はかわって、ナミの部屋。

下着姿だったナミはそれも脱ぎ捨て・・・。

(このあと衝撃の展開が続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よとぎばなし」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よとぎばなし」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よとぎばなし」と検索!

スポンサーリンク

よとぎばなしの濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

感想

最初見たときは、ただのエッチな作品なのかな、と思っていたのですが、読み進めていくと意外にも純情なストーリーで、どんどん先が読みたくなってきましたね。

主人公のミノルは、どこにでもよくいるような普通の大学生で、出てくる人たちも皆どこか抜けていて、共感しやすいように感じました。

ちょっとエッチなストーリーで、中身は薄っぺらいのかなと思ったのですが、実際しっかりと人物の心情などが描写されていて、しかもクスッと笑えるようなコメディ要素も含まれているので、万人におすすめできる作品です。

中でも特に、ラブコメディーや可愛い女性が好きな人にはおすすめの作品となっております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「よとぎばなし」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「よとぎばなし」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「よとぎばなし」と検索!

スポンサーリンク

よとぎばなしの濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ