妻たちの婚外セックスの濃いネタバレと感想(後半)無料【閲覧注意】

妻たちの婚外セックスとは?

妻たちの婚外セックスとは、「風俗街で育った女」や「続 まんが名前のない女たち~消費されるAV嬢~」などで知られる、つかさき有先生による作品です。

夫との関係が冷めきった主婦の千賀子は、同窓会で再会した初体験の相手と不倫に落ちてしまいます。

そして、その恋愛に溺れた末に、彼との子供を妊娠してしまい・・!?という衝撃的な内容を赤裸々に描いているこの作品。

女性は共感できますし、男性は夫目線に立つことで共感できることもありますので、男女どちらにもオススメの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「妻たちの婚外セックス」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「妻たちの婚外セックス」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「妻たちの婚外セックス」と検索!

スポンサーリンク

妻たちの婚外セックスの濃いネタバレとあらすじ(後半)

「はい、お伺いします、お待たせいたしました!」と元気な笑顔を作るのは、林郁子34歳、この話しの主人公です。

郁子は、友人の東野あづみの誘いでファミレスでのパートをはじめて3週間目を迎えていました。

郁子は家に一人でいるといろんなことを思い出してしまい辛いため、パートに来るのが楽しみなようでした。

場面はかわって、夜。

「おかえりなさい」と、夫に言う郁子。

「お前な、何時に帰ってくるかとかいちいちうるせーんだよ」と夫が言います。

「だって夕飯の都合もあるし、それに邪魔にならないようにメールしてるでしょ?」と郁子が言うと、「飯なんて適当でいいんだよ、とにかくうっとうしいから急用以外はやめてくれよ」と夫はさらに言います。

郁子と夫の間に子供はおらず、郁子自身は「たぶんこの人との子供は望めないのよね」と半ば諦めている様子でした。

場面はかわって、翌日。

郁子が働くファミレスは近くに大学もあってバイトも大半が学生のため、郁子はその輪にはなかなか入ることができていません。

「ちょっと!外まで話し声が聞こえてるよ、ドリンクバーの補充とか、やることはあるだろう?」と郁子と同じくらいの年齢の店長が学生たちに注意しています。

「まったく、みんなが林さんを見習ってくれるといいんだけど。」とその店長は郁子に話しかけます。

「私ですか?」と驚く郁子。

「よくやってくれてるよ、片付けも率先してやってくれるし」と、郁子を褒める店長。

「それより店長も大変ですね。まだ若いのに今時の子を束ねるのって大変じゃないですか。」と言う郁子に、ぷっと笑って店長は「今時の子、ってそこまで昔人間じゃないでしょ、林さん。俺ともそんなかわりませんよ」と和やかに言います。

「林さんのご家庭楽しそうですね。その調子でこれからも宜しくお願いします」と爽やかな笑顔で店長は去って行きました。

郁子は、お世辞を受けるほど子供じゃないけど見てくれる人がいるのはとっても嬉しい、と喜びを感じています。

「あ、郁子さん、ちょっと!」とあづみに話しかけられる郁子。

「なあに?」と聞くと、「今度の日曜みんなでカラオケいこうっていってんだけど、どう?」とカラオケに誘われる郁子。

うーん、せっかくだけど、と断ろうとする郁子ですが、ついでに、「店長はいくの?」と聞いてみます。

すると、「あーいかないいかない、バイトなんかと馴れ合うタイプじゃないもん。バイトと正社員区別してんのよ、自分の成績につながらないことはしないよ」という答えが帰ってきました。

バイトと社員を区別、じゃあきっとさっきのもお世辞なんだ、とガッカリする郁子でした。

場面はかわって、郁子は家にいます。

夫のカバンからコンドームを見つける郁子、それを見て夫を問い詰めます。

「ちょっとこれ!浮気してんじゃない!」と郁子が怒ると、夫は「なんだよやっとかよ、ほんとどんくせーな」と全然悪びれていない様子。

「バカにしないでよ!」と郁子がいうと、「バカにしたらどうなんだよ、離婚か?」と夫は言います。

「そ、そうよ!離婚よ!」と郁子がいっても、「なんにもできないお前に離婚ができんのか?どうやって一人で生活するんだよ。養育費はねぇし、慰謝料つったって、たかがしれてるだろ」と夫は言います。

「まぁ安心しろよ、お前は今までどおりバカ嫁やってりゃいいんだから」と夫は言い放つと、寝てしまいました。

絶望する郁子はいつから夫はそんな男になってしまったのだろうと考えます。

あんな風に言われても何もできないまま、捨てられないようにビクビクしながらこれから何十年も生きていかなくてはならないと思うと、郁子は涙が溢れてきます。

場面はかわって、パートにいっている郁子。

その顔は以前よりもやつれ、元気がないようです。

「林さん、最近体調どうですか?どうも急におやせになったのがちょっと気になっていて。」と店長は郁子の変化に気づいているようでした。

「あ、いや、ダイエットが必要とも思えなくて。女性の方に失礼だとは思ったのですが・・・」と店長がいうと、「あ、いえ」という郁子。

「そう、それならよかった」と店長がいうと、郁子は「大丈夫ですよ、パートなんかに気を使っていただかなくて。」といい、去ってしまいます。

郁子は久しぶりに優しい言葉をかけられたことで、その目には涙が溜まっていたので、店長に見られないようにその場を去ったのです。

そして、郁子はある日閉店作業を手伝いにいくことになります。

遅い時間のため、若い大学生などでは時間が合わず、主婦であり時間を持て余している郁子に白羽の矢がたったのでした。

こんな私でも役に立てるのなら嬉しい、と郁子は張り切ります。

場面はかわって、閉店作業をしている郁子と店長。

「ふー、こんなもんかな、林さんありがとう!」とお礼をいう店長。

郁子が手伝ったことにより、いつもは一人で行っている作業も速やかに終わらせることができたようでした。

「本当に助かりました。何かお礼をしないとな」という店長に「別に、仕事ですし。パートなんかに気を使ったって店長の成績はあがりませんよ。」という郁子。

「前もパートなんかに、っていってましたが、なんか俺、林さんの気にさわるようなことしましたか?」と、

そして郁子は・・・。

(このあと、衝撃の展開へと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「妻たちの婚外セックス」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「妻たちの婚外セックス」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「妻たちの婚外セックス」と検索!

スポンサーリンク

妻たちの婚外セックスの濃いネタバレと感想(前半)はコチラ!?

感想

今回の話もそうですし、この作品全体的にそうなのですが、大体の夫があまり気持ちのよい人ではなく、どちらかというと女性の方に同情してしまうのがなんだかリアルで面白いですね。

結婚という制度はとても素敵なはずなのに、何十年も寄り添ってしまうとそういう気持ちもなくなってしまうのかなぁ、とこの作品にはいろいろ考えさせられますね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「妻たちの婚外セックス」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「妻たちの婚外セックス」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「妻たちの婚外セックス」と検索!

スポンサーリンク

妻たちの婚外セックスの濃いネタバレと感想(前半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ