エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(2巻後半)無料【閲覧注意】

EXTREME SUMMER SHOOTER’S!2巻の無料立ち読みはコチラ!?

エクストリームサマーシューターズとは?

エクストリームサマーシューターズは、日常系と思いきや、可愛い女の子がバチバチガンガンとガンアクションを繰り広げる「ドタバタSFラブコメアクション漫画」です。

主人公はよくあるハーレム設定なのですが、ちょっとだけ不思議な能力を持っていて、その能力が物語に彩りを添えており、独自の世界観となっています。

美少女やお色気、アクションやバトルが好きな人はこの作品を読んでおけば、間違いないといえる作品ですので、気になる方はぜひ一度読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エクストリームサマーシューターズ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エクストリームサマーシューターズ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エクストリームサマー」と検索!

スポンサーリンク

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレとあらすじ(2巻後半)

突然のモテ期がやってきたこの物語の主人公杏太郎、様々な女性から言い寄られています。

そして、この杏太郎にはちょっと不思議な能力があります。

それは、選択を迫られた時、目の前に選択肢が二つあらわれ、どちらか選んだ方の未来を体験することができる、という未来予知の能力でした。

「杏太郎さーん!」と走って追いかけてくる小町。

彼女は杏太郎の妹の鈴と蘭の友達です。

今日、杏太郎はいろんな女性にモテながら、導かれるように遊園地にきていたのでした。

そして、そこで偶然出会った小町と、遊園地デートを楽しんでいたのですが、そこでも謎のモテ力を発揮した杏太郎はモテてしまい、小町とはぐれたのです。

命からがら?女性たちから逃げてきた杏太郎に、ようやく追いつく小町。

「杏太郎さん、聞いてくれますか?私の気持ち。」と、頬をあからめながら、ドキドキして尋ねる小町。

すると、突然杏太郎のちょっと不思議な能力が発動し、目の前に二つの選択肢が出現します。

その選択肢は、小町の話を聞くか、小町の話を聞かないか、の2択でした。

小町の話を聞く、を選び、その未来を予知します。

その未来は、小町に告白されるという未来でした。

小町や妹と、居心地よくワイワイと盛り上がる雰囲気が好きな杏太郎は、その未来は選ばず、現実では小町の話を聞かないことを選びます。

そして、小町との関係をうやむやにして問題を先送りにする杏太郎でした。

場面はかわって、杏太郎の幼馴染の可音がいます。

「はい、もしもし。」可音は上司からの電話に出ます。

どうやら、雇われ傭兵の可音に挑戦状が叩きつけられたようで、その挑戦を可音は受けます。

その挑戦とは、今日1日の中で杏太郎を殺す、殺せなければ可音の勝ち、殺せれば可音の負け、というものでした。

そこで、杏太郎を見張ることにする可音。

可音が杏太郎を見張っていると、のこのこと家からでてくる杏太郎。

「まだ夏休み中なのに、なんでこんな朝早くからでてくるのよ!」と焦る可音。

そして、杏太郎は突然見知らぬ女性に告白をされます。

その様子を見てさらに焦る可音。

「なに?あの子もしかして告白してた??じゃああれは暗殺者じゃないの?」と、目の前で起こったことを必死に理解しようとする可音。

どうやらこの女性は、杏太郎に告白をしにきただけで、暗殺者ではないようでした。

「杏太郎のことなんだから好きにすればいいんだけど、もちろんこ、断るわよね」と、可音はその告白の結果が気になる様子です。

結局告白を断る杏太郎。

すると、その見知らぬ女性はどうせ付き合えないならと、杏太郎と心中しようとします。

そこですかさず可音は、その女性を隣の建物に連れ込み、「あなたがやっぱり暗殺者?」と、その正体を探ろうとします。

「いきなりなんだよ!いいとこだったのになんで邪魔すんのよ!」と、激昂するこの女性は、可音に襲い掛かります。

その動きは素人ではないそうですが、とはいえ事前に聞いていた暗殺者の動きとはあまりに違いすぎます。

そこで、可音は暗殺者ではないと見切りをつけ、一撃で気絶をさせ、その場を去るのでした。

そして、GPSを使って杏太郎がどこにいるのかを探す可音。

追いついた可音が見たものは、「ほーほっほっほ」と、また違う見知らぬ女性にどこかに連れて行かれる杏太郎でした。

杏太郎を追跡する可音は、いつの間にかRCリゾートという遊園地についていました。

「暗殺のターゲットをわざわざ人気の多い場所に移動させるなんて、なにを考えてるのよイカロスは!」と、今回可音に挑戦状を叩きつけてきた送り主、暗殺者イカロスに怒りを抱きます。

そして、杏太郎はその遊園地のホテルに連れ込まれていることがわかります。

なぜか杏太郎はパンツ一丁で、その見知らぬ女性に迫られています。

「あなたは妾と夫婦になるのです!!」とその女性がいうと、可音は、先ほどの見知らぬ女性と一緒で、この人も杏太郎と付き合いたいだけの人だと理解します。

そして、杏太郎は一瞬の隙を見てその場から逃げ去りました。

追いかけようとするも、可音の気配を感じたその女性は、「どちら様か存じませんが、男女の逢瀬を覗き見とは、あまりに無粋ではなくて?」と、可音に話しかけます。

可音は、「お前がイカロスなのか?」と尋ねます。

その女性は「イカロス?あいにくそのような名前は存じませんわ。」と否定。

とはいえ、なぜかこの女性も格闘技の達人らしく、可音に戦いを挑みます。

可音は一撃を浴びせられるも、その女性が間抜けなおかげで、部屋に閉じ込めることに成功します。

「くそ、また杏太郎を見失ったじゃないか!」とキョロキョロと杏太郎を探す可音。

そして、杏太郎を見つける可音。

「あっ!人の気も知らないで、また別の女とぉぉぉお!」と、また別の女性と歩いている杏太郎を見て怒りを覚える可音。

見張っている可音の前に、小町の執事、ユーリがあらわれました。

ユーリ曰く、どうやら今日は傭兵の代理人やプロモーター、外国人部隊の士官、マフィアの幹部らしき人物までこの遊園地に集まってきているそうです。

その理由は・・・。

(このあと衝撃のクライマックスへと続きます。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エクストリームサマーシューターズ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エクストリームサマーシューターズ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エクストリームサマー」と検索!

スポンサーリンク

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(3巻前半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(1巻後半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(2巻前半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(3巻後半)はコチラ!?

感想

今回の話はまたまた毛色が違う、怒涛のモテ期な展開が続きましたね!

杏太郎側の視点と、可音側の視点で繰り広げられる珍事件は、見ていて面白いものでした。

エクストリームサマーシューターズは、突拍子もない展開がいきなり起こるので、良い意味で予想ができず、面白いですよね。

このエクストリームサマーシューターズは、お色気シーンにはかなり力を入れているようで、そういったものが好きな人には文句なくおすすめです。

そして、アクションが好きな人にもおすすめできるほどアクションシーンにも力が入っていますから、アクション好きにもおすすめの作品です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「エクストリームサマーシューターズ」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「エクストリームサマーシューターズ」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「エクストリームサマー」と検索!

スポンサーリンク

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(3巻前半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(1巻前半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(1巻後半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(2巻前半)はコチラ!?

エクストリームサマーシューターズの濃いネタバレと感想(3巻後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ