オキテネムルの濃いネタバレと感想(1巻前半)無料【閲覧注意】

「オキテネムル」の無料立ち読みはコチラ!?

オキテネムルとは?

オキテネムルは、あの王様ゲームを描いた連打一人先生による「漫画アクション」で連載された衝撃の作品です。

少々グロテスクな表現はありますが、その分リアリティがあり、進撃の巨人や寄生獣、GANTZなんかが好きな人にはたまらない作品となっております。

オキテネムルは、一言でいうと「日常に起こる非日常と闘うちょっと不思議な能力を持った高校生の物語」でしょうか。

このちょっと不思議な能力、というのが中々面白い要素にもなっていますので、気になる方は是非読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「オキテネムル」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「オキテネムル」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「オキテネムル」と検索!

スポンサーリンク

オキテネムルの濃いネタバレとあらすじ(1巻前半)

賑わうゲームセンター、そこで楽しむ若者たちの風景から物語は始まります。

レースゲームを楽しみながら、勝ち負けに一喜一憂する一同。

しかし、仲間の一人がうつむいている様子。

「おい!どうしたんだよ!」と、仲間が話しかけると?

口元からムシャムシャという何かを食べている音がします。

おかしいなと仲間が思ったその瞬間!

首から上がキリンのような顔に変異し、仲間の首を食いちぎりました。

そして、すべての仲間を食い殺し、首だけキリンのその男は街を走り抜けます。

さらに、街ゆく人を同様に食い散らかしながら走っていると、出動した警察と対峙するキリン男。

しかし、それでも止まらず、食事という殺戮を楽しんだキリン男は、今度は武装した特殊部隊に囲まれます。

すると、突然、アーケード街の天井ガラスをぶちやぶりながら、全身黒いレザーに包まれた謎の女がキリン男にとびかかります。

即座にアンプルのようなものを頭に打ち込み、力を失い倒れこむキリン男。

「退避!!!」と謎の女が叫ぶとキリン男は爆散。

一瞬の出来事でした。

場面はかわり、普通の学校の景色。

キリン男の噂は学校中に広まっているようですが、あくまで噂、学校は今日も平常運転のようです。

この物語の主人公である、ちょっと不思議な能力を持つ少年カナタも、噂を聞いても全く気にしません。

どうやら今日はテストの日の様子。

カナタは友人のシズクに「私にテストで負けたら学園祭の実行委員に入ってもらうからね!」と賭けを持ち掛けられます。

どうやら、こうでもしないとカナタはクラスのみんなと仲良くしないとシズクは考えたようで、カナタのためにも学園祭の実行委員に入れたいと思っているようです。

「じゃあ俺が勝ったら学祭にはいっさい参加しないからな!」と、カナタはこの賭けを承諾しますが、この賭けに負けたくないカナタはテストでその不思議な能力を使おうとします。

この不思議な能力とは、「目が究極に良くなる」、という能力のようで、これを使って隣の建物の屋上に貼ったカンニングペーパーを見ながらテストを解いていくカナタ。

しかし、この能力には欠点があり、使いすぎると副作用で急激な眠気が襲ってきます。

結局、能力の使い過ぎで寝てしまうカナタ、テストは絶望的なようでした。

そして、テストが終わり、トキジと一緒にカンニングペーパーをはがしにきたカナタ。

トキジはカナタのこの能力を知っていたようで、カナタに「この能力は今はよくわかってないし何が起こるかわからないからをあまり使わないようにしなよ」、と忠告をします。

生返事のような、あまり真剣に聞いていないようなカナタ。

トキジはあきれつつ、カナタと別れ帰宅します。

場面はかわり、夜は更け、勉強中のカナタ。

トゥルルル、突然トキジから電話がかかってきました。

「シズクちゃんと連絡がとれないんだ」と、トキジ。

「どうせ携帯の電池でも切れているんだろう」とカナタは答えます。

何か嫌な予感がする、というトキジは、とりあえず電話を切り、眠ります。

翌朝、学校にきてみると、イエローテープが張られ学校は封鎖状態、集まっている学生は騒いでいます。

カナタとトキジは、学校にも来ていないシズクが心配になり、カナタの不思議な能力で学校内の様子を隣の建物からのぞくことにしました。

隣の建物につき、能力を発動して中を見るカナタ。

その眼前に広がったのは、頭だけヘビの女が教室で血を流して倒れている様子でした。

驚愕するカナタ、そこにまた突然キリン男を倒した謎の女があらわれるのです。

場面はかわって、ヘビ女の死体の前でご飯を食べている老人がいます。

「あの~、野桜博士、別の場所で食ったほうがよくないですか?」と、外部情報調査局の綾切が話します。

「現代の科学捜査はスピードが大事じゃが、同じくらい朝飯は重要じゃ!」と、まったく意に介していない野桜博士。

その様子を見ている刑事たちは、不快感を示しながら「てめぇらは捜査の邪魔だ!消えろ!」と言い放ちます。

その瞬間、「私の上司に何か?」と詰め寄る黒づくめの例の謎の女。

なんとこの謎の女は外部情報調査局のシキという捜査官でした。

そして、さらに場面はかわり、綾切とカナタとトキジが話しています。

「ほうほう、なるほど、好奇心でついつい屋上に侵入したと」、綾切が事情聴取をしているようです。

「でも遠くて何も見えなかったと?」「・・・はい。」綾切の問いに、カナタとトキジが答えます。

「ここだけの話、今回の現場もほんとひどい有様でさ、かわいそうな死に方だったよ」と、綾切が語ると、「あ、あの!その女の子ってシズクって名前じゃないですか!?」と声を荒げるカナタ。

「ちがうよ」と綾切。

どうやら今回の死体はシズクではなく、井上沙耶というC組の女の子だったようで、そっと胸をなでおろすカナタとトキジ。

「ところで、なんで女の子だってわかったの?」不信に思った綾切は質問を投げかけます。

場面はかわり、シキが綾切に「帰してよかったの?」と聞きますが、無言の綾切。

どうやらカナタとトキジは無事に家路に向かっているようでした。

「カナタ!あの時屋上で何をみたんだよ!?」と聞くトキジ。

「俺、みたんだ・・頭がヘビの女の死体を・・・。」と、カナタ。

すると突然後ろから、「ヘビって何?」と聞こえる声。

「う、うわぁ!」驚くカナタとトキジ。

その声の正体は、シズクでした。

シズクはどうやら本当に携帯の充電を忘れて、ただ連絡がとれなかっただけのようでした。

呆れるカナタとトキジにルンルン気分で話を続けるシズク。

なんと、キリン男の正体が北高の栗田健次であることがわかったようです。

しかもその男は、ヘビ女である井上沙耶と付き合っていたと言います。

不信に思うカナタとトキジ・・・。

(この後、キリン男やヘビ女を生み出したその衝撃の真相が判明します。)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「オキテネムル」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「オキテネムル」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「オキテネムル」と検索!

スポンサーリンク

オキテネムルの濃いネタバレと感想(1巻後半)はコチラ!?

オキテネムルの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻前半)はコチラ!?

オキテネムルの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻後半)はコチラ!?

感想

衝撃の展開が続くため、次は!?次は!?とすぐ先を読みたくなるのがこのオキテネムルですね。

また、主人公が特殊能力を持っており、しかも、その特殊能力はそこまで大それたものでもないため妙に現実的であり感情移入しやすく、面白いです。

キリン男は見た目はシュールなのですが、その行動はとても残酷的で、その見た目とのギャップでさらに恐怖心があおられます。

次々と殺戮を繰り返すさまはちょっとグロテスクで、苦手な人は注意が必要ですが、ほかの漫画であるGANTZや進撃の巨人、寄生獣などが好きな人はすんなりハマることができると思います。

また、同じ作者である王様ゲームが好きな人にも、オススメできる作品ですので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「オキテネムル」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「オキテネムル」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「オキテネムル」と検索!

スポンサーリンク

オキテネムルの濃いネタバレと感想(1巻後半)はコチラ!?

オキテネムルの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻前半)はコチラ!?

オキテネムルの濃いネタバレやあらすじ!感想についても(2巻後半)はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ