デリヘル待機室の女たち(後半)の濃いネタバレと感想!無料【閲覧注意】

デリヘル待機室の女たちの無料立ち読みはコチラ!?

デリヘル待機室の女たちとは?

この作品は、「ストーリーな女たち」シリーズで、全編実話の読者投稿に基づく大変インパクトのあるストーリーばかりです。

デリヘル待機室の女たち、の他にもキレイになりたい、豆腐屋の娘、母のココロ娘シラズ、やり過ぎステージママの全5話で構成されています。

読者の投稿なだけあって、すべての話が現実的で、読むと「あぁ、こんなことが起こってるんだな」と、感心するような作品、それがこの『デリヘル待機室の女たち』です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デリヘル待機室の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デリヘル待機室の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デリヘル待機室の女たち」と検索!

スポンサーリンク

デリヘル待機室の女たち(後半)の濃いネタバレとあらすじ

村上豆腐店の朝は早い。

「遅くなってすみません!」とバタバタで起きる彩乃(あやの)34歳は、今年の春に再婚で村上豆腐店に嫁いできました。

彩乃は27歳の時、勤めていた商社の先輩と恋愛結婚をし、一流大学でのエリートと結婚した彩乃は誰もがうらやむ家庭で幸せになれると思っていました。

しかし、一緒に暮らし始めると優しかった夫は豹変し、DVを繰り返すようになっていき、離婚してしまいました。

そんな中お見合いの話があり、嫁いできたのがこの村上豆腐店です。

とはいえ、結婚してみると、姑からは「嫁は給料がいらない労働力」として扱われ、夫は見合いの時から無口で、結婚して半年経った今もうまくコミュニケーションがとれないままでした。

豆腐屋の仕事の他にも、家事は彩乃の役目で、1日中働きづめですが、家計は任せてもらえずこのままこの家でちゃんとやっていけるのか、不安になる彩乃。

夜がふける中、夫は彩乃の体を求めます。

しかし、それを拒否する彩乃。

それに対して夫は「わかったよ、もういい!」と言い、「どうせ俺のことバカにしてるんだろ?」と話始めます。

「前のダンナは一流大学出のエリートで、お前とお似合いだったんだろう」

「俺は高卒のショボい豆腐屋だから、前のダンナの方がよかったんじゃないか?」

そう話す夫に、彩乃は初めて夫が何を考えていたのかを理解します。

そして、前の夫と別れた理由を話す彩乃。

DVされていたことや、その影響で男の人が近くにいるだけで怖くなってしまうこと、全てを夫に話しました。

すると、「そうか」と一言だけいい、彩乃が寒くならないように服をかけてあげ、寝てしまいます。

翌日から、夫は少し彩乃に対して優しくなり、その影響から姑も彩乃に対して優しくなっていきました。

さらにしばらくすると、豆腐屋のお客さんから「彩乃さんもおかみさんらしくなってきたわね」と言われ、彩乃は辛いだけだと思っていた豆腐屋の仕事が段々好きになっていきます。

しかしそんな中、駅前に新しいスーパーができるという話が出てきて、客が取られてしまい豆腐屋の経営が難しくなる可能性が出てきます。

起死回生の一手を取る彩乃ですが・・・。

(この先、ハッピーエンドなのか、バッドエンドなのか、クライマックスへと続きます。)

(次の話は母のココロ娘シラズという話です。)

「ま~、綺麗!」と話す中年の女性。

彼女は岡田芳子(おかだよしこ)56歳、都内のマイホームに家族3人で暮らす平凡な専業主婦です。

今日は姪の結婚式に出席をしていました。

そして、娘の早希(さき)は32歳でいまだ独身です。

当然、「早希ちゃんは結婚はどうなの?」と叔母さんから話を振られますが、のらりくらりと早希はかわします。

そんな早希をみて、芳子は「早希は結婚できるのか」と不安になります。

さらに、早希は家では家事全てを芳子に任せ、いつまでも甘えっぱなしで全く自立していません。

「このままでは早希のためにならないわ!」と、芳子は心を鬼にして早希に自立を促すよう、早希の分の家事はやらないようになります。

いつもは洗濯や弁当を作ってくれていたのに、もうしてくれない芳子をみて早希は苛立ち、次第に家族はバラバラになってしまいます。

そして、早希は仕事帰りに遅くまで飲んだり、友達の家に無断外泊をするようになり、家に戻らない日が続き、そのまま友達の家にしばらくの間住むことになります。

しかし、ある日、早希が高い熱を出し、家に帰ってきます。

子供の頃に喘息だった早希は、風邪をひくと高熱が出て咳がひどくなってしまい、一人じゃ手に負えない症状になるのです。

そして、ベッドに横になり芳子に看病してもらう早希。

昔を思い出しながら早希の看病をしている芳子は、早希に謝りはじめます。

親にとって子供はいつまでも子供、急に冷たくして悪かった、そんな思いで早希に語りかけます・・・。

(これはとっても良い話で、この後感動のクライマックスへと続きます。)

(最後はやり過ぎステージママという話です。)

テレビに映るコマーシャルの映像をみながら、子供を褒める家族。

「すごいな~、テレビに映るようになるなんて!」と夫が言い、「後ろの方にちょこっとだから」と娘は照れ、「でも頑張ってて偉いよ結衣」と子供を褒める女性。

その女性は、麻田祥子(あさだしょうこ)33歳の主婦。

ひとり娘の結衣(ゆい)は引っ込み思案でおとなしい性格で、幼稚園に入っても母親の祥子にべったりな娘でした。

そんな結衣の将来を案じて、幼稚園の年長になる前に「劇団アネモネ」に入団させ、その甲斐あって次第に周りの子供達とも打ち解けて友達もでき、小学校に上がる頃にはCMなどにもちらほら出演できるようになってきていました。

しかし、そんな「劇団アネモネ」では、日々ステージママたちが熾烈なバトルを繰り広げています。

劇団のトップスターである愛莉ちゃんがいるとわかると、他のママたちは「なにしてるの!早く愛莉ちゃんとお話して仲良くなっておいで!」と子供をぐいぐい押していきます。

また、中央テレビのプロデューサーがいるとわかると、猫撫で声で「よろしくおねがいしますぅー」と話かけにいくステージママたち。

そんなステージママたちをみて少し嫌になりつつも、結衣の成長が嬉しい祥子は、劇団に入れて良かったと思っています。

そして、ある日、夏のドラマのオーディションが劇団アネモネで行われることになります。

結衣は劇団の先生のすすめで、オーディションを受けることがきまります。

もちろん他のステージママもこのビックチャンスをなんとか手にしようと、あの手この手を使って奮闘します。

そんな中一人のステージママがプロデューサーに枕営業をしているという噂が流れて・・・。

(衝撃のクライマックスへと続きます)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デリヘル待機室の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デリヘル待機室の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デリヘル待機室の女たち」と検索!

スポンサーリンク

デリヘル待機室の女たち(前半)の濃いネタバレと感想!はコチラ!?

感想

この作品は本当に女性の様々な生き様を上手に描いていると思います。

豆腐屋の話では、自営業に嫁ぐ嫁のリアルな日常、そして、親のココロ娘シラズでは遅い反抗期の娘とのコミュニケーション、最後のステージママたちの話では芸能世界をチラッと覗けたような気がしました。

どの話も、読者の投稿に基づいているからかとてもリアリティに溢れていて、どれも現実にありそうな話ばかりでした。

爪渡モモ先生が描くこの世界観、一読の価値ありです。

女性のことをもっと良く知りたい方や、子供のいる方全てに特にオススメの作品です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
「デリヘル待機室の女たち」をスマホから無料試し読みするならコチラ!?

「デリヘル待機室の女たち」をPCから無料試し読みするならコチラ!?

*サイト内で「デリヘル待機室の女たち」と検索!

スポンサーリンク

デリヘル待機室の女たち(前半)の濃いネタバレと感想!はコチラ!?

サブコンテンツ

このページの先頭へ